この世に生を授かった限り、いつかは必ず死が訪れます。とても悲しく、その現実から逃げ出したくもなりますが、ペットを飼うということは、その子の死も受け入れなくてはなりません。それでは、もしも大切なペットが亡くなったら、どのようなペット葬儀屋を選べば、ちゃんと供養ができるのでしょうか。

ペットが亡くなってしまったら

ペットを飼っている限り、いつかは必ず訪れるのがペットとの別れです。あまり考えたくはないことかもしれませんが、生前からいつかは必ず訪れる【別れ】を意識しておくことで、ペットロスになるリスクも軽減されます。また、別れとともに【ペットの葬儀】についても考えておくことが必要です。葬儀をどうするかなんて、想像もつかないかもしれませんが、ペット葬儀は時代とともにどんどん進歩してきています。そのため、生前のうちから情報集めを行っていないと、後になって、「もっとよく調べておけば良かった」「こんな葬儀をしてあげたかった」「費用が高すぎた」などと後悔が残ってしまうからです。
それでは、もし、大切なペットが亡くなってしまったら、一体何をすれば良いのでしょうか。

■遺体の安置
遺体は、死後硬直が始まると時期に腐敗が始まります。そのため、ペットが亡くなってしまったら、死後硬直が始まる前に、自然な体勢にしてあげます。その後、保冷剤などをしきつめて、涼しい場所に安置してあげましょう。そうすることで、腐敗の進行を遅らせることができます。また、お花やおやつなどをお供えしてあげることも大切です。
■葬儀予約
お別れは悲しく、たとえ亡くなってしまっても、いつまでも傍に置いておきたい飼い主さんもいるでしょう。しかし、腐敗のリスクを考えると、長くて2日が限界といったところでしょう。また、葬儀予約も、希望日に取れないこともあります。そのため、亡くなってしまったらその日のうちに葬儀予約を取りましょう。

ペット葬儀屋を選ぶ基準とは

それでは、一体どのような葬儀屋を選べば良いのでしょうか。ここでは、ペットの葬儀屋を選ぶ際の基準を紹介していきます。

■動物病院の紹介
動物病院は、ペット葬儀屋と密接な関係にあるため、ほとんどの動物病院が、葬儀屋を紹介してくれます。そのため、かかりつけの動物病院に、紹介してもらうと良いでしょう。
■火葬方法の選択
ペット葬儀も、今では私たち人間と同じように立ち合い火葬を行い納骨まで行えるところが多いです。火葬方法も、個別火葬や合同火葬など複数あるため、選択肢がある葬儀屋を選びましょう。
■プラン説明の有無
火葬方法はもちろん、火葬後の追善供養も重要になります。四十九日・一周忌・合同供養祭などを行ってくれるところもあるため、プランの説明はしっかりと受けましょう。
■明確な料金体系
ホームページ上や説明時に、しっかりと詳細の金額を提示してくれるところを選びましょう。
■口コミが大事
ホームページ上でペット葬儀屋を判断するより、周りの人の口コミの方が新表性があります。そのため、周りの人がどのようなペット葬儀屋を利用したかも聞いておくと役立ちます。

なぜ以上のような点が基準となるかというと、ペット葬儀屋には、悪徳業者も存在するからです。そのため、莫大な費用だけかかり、葬儀内容やその後の追善供養がないようなところもあるそうです。そのため、ペット葬儀屋選びは慎重に行うことが大切です。

おすすめのペット葬儀屋ランキングトップ3

ここでは、実際に人気のペット葬儀屋についていくつか紹介していきます。

 

1. ジャパン動物メモリアル社
プレミアム葬・家族立会葬・一任個別葬・引き取り葬と4つのプランから選択することが可能です。火葬炉搭載のセレモニーカーで自宅まで来てくれるので、自宅にて火葬が行えます。もちろん、立ち合い火葬を行えば、納骨も一緒に行えます。
また、高額になりがちな費用も良心的な価格設定になっている他、天国へ送り出す3つの儀式・写真を使用した思い出のグッズが無料で作れるため、満足のいく葬儀ができるのではないでしょうか。

外部リンク:http://j-d-m.jp/fee

2. ジャパンペットセレモニー
立会個別火葬・一任個別火葬・引き取り供養と3つのプランから選択することが可能です。立会個別火葬プランを選べば、火葬炉搭載の火葬車が自宅まで来てくれるため、火葬場に行かなくても納骨まで一緒に行うことが可能です。
価格も良心的な価格に設定されている他、提携寺院や霊園に納骨することも可能です。

外部リンク:https://j-pet.jp/

3. 動物の園
立会個別火葬・骨上個別火葬(火葬中の立会なし)・一任個別火葬・引き取り個別火葬の4つのプランから選択することが可能です。火葬車にて火葬を行うため、火葬場まで行くことが難しい方でも安心です。また、全国各地に動物の園グループが点在しているため、提携している寺院や霊園も多くあります。そのため、自宅にて納骨をしない場合も、自宅からそう遠くない寺院や霊園で管理をしてもらえることも嬉しいポイントではないでしょうか。

外部リンク:http://petsougi-kg.com/kuyou/kanagawa.html

この他にも、動物病院が紹介してくれるペット葬儀屋も信頼できるところが多いです。いくつか候補を決めておいて、後は、価格・サービス・アフターサービス・立地などどの点を重要視するかが必要になってきます。いつかは訪れる別れ、その時に備え、大切なペットの葬儀はどのように行うのかを、生前のうちから少しずつ考えておきましょう。

関連:とっても大事!ペットのお墓や霊園の選び方や利用方法、管理費や申込方法などについて解説!

ryooooo.co
動物看護士として働く傍ら、人間と犬がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中