ドッグアジリティという言葉を知っていますか?
何となく聞いたことはあるけれど、どんなことをするのかわからない…という方も多いのではないでしょうか。
ドッグアジリティは人と犬がペアになって行う、障害物競技のことをいいます。
障害物といっても具体的にどんな競技があるのか、どんな犬が参加できるのか…など、多くの疑問がありますよね。
そこで今回はドッグアジリティについてご紹介したいと思います。
ドッグアジリティについて興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

ドッグアジリティとは


アジリティとは、ハンドラーと呼ばれる指導手と犬が呼吸を合わせながら、コース上に置かれたさまざまな障害物をクリアしていく競技です。
障害物をクリアする際の正確さや、ゴールまでの時間を競うもので、ドッグスポーツの1つに数えられます。
他にもディスクドッグやフライボールなど、さまざまなドッグスポーツがある中で、ドッグアジリティは比較的新しい競技です。
1978年にイギリスで公開されたデモンストレーションが始まりとされていますが、日本では90年代初めから徐々に話題になり、今では全国各地で競技会が開催されています。

ドッグアジリティの魅力

ドッグアジリティは、犬に備わった能力を存分に発揮させることができ、訓練や競技に参加することによって、人と犬の絆を深めることもできます。
犬は信頼できるリーダーの指示に従いながら動くことで喜びや安心を得られる動物です。ドッグアジリティを通して強い信頼関係を築けるところに、多くの人は魅了されるのではないでしょうか。
元々スポーツ好きな飼い主や、運動不足の解消、純粋に犬と遊びたい!などの理由から、ドッグアジリティを始める人が多いようです。
競技を目にすると難しそうに見えますが、誰でも気軽に参加できるのが魅力ですね。

どんな犬が参加できるの?


ドッグアジリティで活躍している代表的な犬種は、

ボーダーコリー
コーギー
シェットランドシープドッグ
ラブラドールレトリーバー
トイプードル
ビーグル
ジャックラッセルテリア
シェパード

などがあげられます。
牧羊犬や作業犬など、身体能力が高く訓練しやすい犬種が大半を占めています。
しかしドッグアジリティに参加するためには、特別な犬でなければならないといった決まりはありません。飼い主にも資格は必要ありませんし、どんな犬種であっても参加することができます。
ドッグアジリティは犬と一緒にスポーツを楽しみ、絆を深めることを目的とした競技ですので、運動が好きで健康な犬であれば可能です。
ただし競技にはジャンプや段差の上り下りなど、足腰に負担がかかる面もあるので、犬の体調や年齢を考量して判断しなければなりません。
いくら飼い主がアジリティに参加させたくても、犬が嫌がる場合には無理をさせないようにしましょう。

どんな競技があるの?


競技はレベルや犬の大きさ、障害物の種類などによってわけられています。
コースの長さは100~200mで、15個以上20個以下の障害物をクリアしなければならないなど、細かく定められていることもあれば、初心者向けに簡単なコースが用意されていることもあります。
コースに配置されている障害物は主に、

ドッグ・ウォーク
Aフレーム
ハードル
ウォール
スラローム
トンネル(フラット、チューブ)
タイヤ
シーソー

などがあり、犬のサイズによって高さが変わるものもあります。

ドッグアジリティに挑戦するには


ドッグアジリティを始めるには、トレーニングが必要です。
まずはアジリティのトレーニング法を教えてくれるドッグスクールやしつけ教室などに問い合わせて、見学してみることをおすすめします。
「オスワリ」や「マテ」など、基本的なしつけができている犬であれば問題なく参加できると思いますが、自分の犬がドッグアジリティに向いているかどうか不安な場合でも、専門のスタッフに相談することができるので安心ですよ。

どこで参加できるの?

競技会は多くの団体が開催しています。本格的な競技会から、犬同士の交流を目的とした犬の運動会など内容もさまざまです。
ジャパンケネルクラブではドッグショーやアジリティ協議会を開催している他、アジリティ訓練を行える場所も紹介しています。
その他、しつけ教室や動物病院などでも情報を入手できることがありますので、積極的に情報を集めてみましょう。

外部リンク:ジャパンケンネルクラブホームページ

まとめ

ドッグアジリティは楽しみながら犬との絆を深めることができる魅力的なスポーツです。
現代では犬も人も運動不足の傾向にあるといわれていますので、健康促進にも効果的といえるでしょう。
始めるにはトレーニングが必要になりますが、犬と向き合う時間を作ることで、より充実したドッグライフを送れるのではないかと思います。
自分の犬では無理かな…と諦める前に、まずは競技会へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

筆者紹介

Pigeonmilk
小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

 

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中