ドッグフードはどれも同じような見た目をしていますが、その成分は様々です。ドッグフードによっては、犬にとって害となるような成分を含んでいるものもあります。愛犬に健康的な生活を送ってもらうためにも、毎日与えるドッグフードには安全なものを選びたいものです。
安全なドッグフードとはどんなフードか?その判断基準を紹介します。

犬がアレルギーになる成分が含まれていないこと

当然のことながら、愛犬がアレルギー反応を起こす成分を含んでいるドッグフードは危険なので避けなければなりません。
食物へのアレルギーは、基本的にはタンパク質に反応して起こります。
犬の場合は、小麦に含まれるグルテンや、牛肉などにアレルギー反応を示すケースが比較的多いですが、どのタンパク質源にアレルギー反応を示すかは個体によって様々です。
急性のアレルギー症状が出なくても、皮膚・被毛の調子が悪いなどもアレルギーの可能性があります。
タンパク質源として何が使われているかは、パッケージなどに記載されている原材料表記で確認できます。
愛犬にとってアレルギー反応を起こす成分を含んでいない、安全なドッグフードを選びましょう。

関連:犬のアレルギー性皮膚炎4つの原因について解説~その症状とは?~

犬にとって毒性のある成分が含まれていないこと

合成着色料、合成保存料、人工の酸化防止剤などは犬にとって毒性のある成分です。

特に強い毒性や発がん性を有する成分として、亜硝酸ナトリウム、エトキシキン、BHT、BHAに関しては、「愛玩動物用飼料の成分規格等に関する省令」において使用量の上限値が定められており、長期的に摂取し続けても安全な量でない限り、販売することはできません。
規制値のない成分についても、ドッグフードの添加物として量であれば安全な量です。
このため、法律に適合した正規の製品である限り、現在流通されているドッグフードは安全ではあるといえますので、あまり神経質になる必要はありません。
(今後、犬に関する栄養学の研究が進んで、変わる可能性はあります。)
※ただし、合成着色料については安全だとしても使用されているべきではありません。犬はヒトと比べると色を識別する能力が劣りますので、着色料はヒトの目を楽しませるだけのもので、犬にとっては何のメリットもありません。

しかしながら、少しでも毒性があるのであれば、愛犬にあげるのは避けたいといった考え方ももっともです。

使用量としては、安全な量の範囲内に制限されてはいますが、毒性のある成分の一例を挙げます。

合成着色料
赤色○号、黄色○号、青色○号、二酸化チタン など

合成保存料
ソルビン酸カリウム など

酸化防止剤
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)、亜硝酸ナトリウム、エトキシキン、プロピレングリコール、没食子酸プロピル など

関連:ドッグフードの成分 〜これが含まれていたら要注意〜 避けるべき原材料

関連:ドッグフードに含まれる酸化防止剤 〜気をつけるべき成分は?〜

ヒューマングレードであること

人間の食物として利用されているものと同等以上の品質であることを、ヒューマングレードといいます。
人間が食べても安全なものは、犬にとっても安全なわけですが、ドッグフードのコストを抑えるために、人間の食用には使えない粗悪な原材料が使われている製品もたくさん有ります。
酷い場合は、4Dミートと呼ばれるとても食べ物とは呼べないような肉を原材料として使用しているドッグフードもあるようです。
安全な材料を使って製造するためには、それなりのコストがかかります。人間の食べ物と比べてあまりに安価なものは疑ってかかるべきでしょう。

関連:ドッグフードで絶対に避けるべき原材料 “4Dミート”

原材料表記を確認して、何が使われているのかが明確に記載されていると安全なドッグフードといえます。ひとつひとつの成分をしっかり確認して、どんな原材料かイメージできるかを確認しましょう。
安全とはいえない原材料が使われている場合、メーカーはなるべくそれがわからないように曖昧な書き方をして、印象が悪くならないように(悪質な)工夫をしています。安全なドッグフード選びは、その意図を見破れることができるかにかかっています。

筆者yukiya.hiプロフィール:
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け