金色の毛並みが美しいゴールデンレトリーバー。ラブラドールレトリーバーと似ていますが、被毛が長いのが特徴です。
家庭犬として飼われている大型犬の中では、人気の犬種と言えるでしょう。
今回はそんなゴールデンレトリーバーについてご紹介します。
ゴールデンレトリーバーの歴史から、魅力、価格などをまとめましたので、これから飼ってみたいと考えている方の参考になれば幸いです。

ゴールデンレトリーバーってどんな犬?


ゴールデンレトリーバーの原産国はイギリスで、撃ち落とされた鳥の回収を目的として作出された大型の鳥猟犬です。体高は51cm~61cm、体重は27~36kgと大きな体をしています。
ゴールデンレトリーバーは、元々ロシアのサーカス団にいた犬が祖先という説もありましたが、現在ではツイード・ウォーター・スパニエルやアイリッシュ・セター、ブラッドハウンドなどと交配されて生まれたと考えられています。
この犬種は、大型犬としては初めて日本の人気犬種のベスト10にランクインしたほど、注目を浴びていました。

ゴールデンレトリーバーの性格

ゴールデンレトリーバーが日本で人気を博したのは、見た目の美しさもさることながら、その性格も理由の1つとして挙げられるでしょう。
利口で穏やか、そして愛情深い性格をしていることから、犬と暮らす楽しみを存分に味あわせてくれる相手として、ゴールデンレトリーバーは適任です。
子犬の時期はやんちゃが過ぎて少々手こずる場面も出てくるかもしれませんが、決して攻撃的な性格ではありません。他の動物や小さな子供に対しても滅多なことでは怒らず、辛抱強く相手をしてくれます。家庭犬としての才能はトップクラスです。

ゴールデンレトリーバーの魅力


ゴールデンレトリーバーは順応性にすぐれています。どんな家庭であってもすんなり適応するので飼いやすい犬種です。また、いつも笑っているような優しい顔立ちも魅力的ですね。どうしてゴールデンレトリーバーが人気なのか、その魅力についてご紹介します。

とても賢く、しつけやすい

ゴールデンレトリーバーは持ち前の賢さと穏やかな性格から、盲導犬や聴導犬、警察犬、救命活動犬、セラピー犬…などなど、さまざまな形で私たちの暮らしを支えてくれています。
才能あふれる犬種ですから、もちろんしつけのしやすさも抜群です。「オテ」や「マテ」などの基本的なしつけから、難しい芸を教えることもできます。
物を回収するための犬なので、投げたボールを取ってくるといったトレーニングは、あっという間に習得するでしょう。

大型犬でも室内で大丈夫

室内で飼う犬は小型犬というイメージがありますが、ゴールデンレトリーバーは室内でも問題なく飼うことができる犬種です。
理由としては落ち着きのある性格と、無駄吠えが少ないこと。動作もゆったりとしていますし、決められたスペースで大人しく過ごすことができます。
大型犬のため、ある程度の部屋の広さは必要になりますが、それさえクリアできればゴールデンレトリーバーは優秀な室内犬になれるのです。

遊びが大好き!

元々鳥猟犬だったので、飼い主の指示を受けて物を運ぶという作業は大好きです。ボールやフリスビー遊びはもちろんのこと、上手くトレーニングができれば、新聞受けから新聞を持ってくる…なんてことも日課としてできるようになるかもしれません。
また、泳ぎが得意なので愛犬を連れてアウトドアを楽しむこともできます。
ゴールデンレトリーバーがもつ魅力を最大に引き出してあげれば、飼い主との絆はさらに深まっていくでしょう。

ゴールデンレトリーバーの価格


ゴールデンレトリーバーの価格は、だいたい15万~30万が相場となっています。親がドッグショーで優勝したなど、優秀な血統の場合には値段が高くなる傾向にあるようです。
ペットショップでは、ほとんどがその事態の人気犬種を取り扱っていることが多いため、希望する犬種が見つからないケースもあります。
ペットショップ以外にも、ブリーダーや里親募集のサイトなど、入手法はさまざまありますので、まずは情報集めから始めましょう。
検討を重ね、信頼できる相手から入手することが大切です。

ゴールデンレトリーバーがなりやすい病気


ゴールデンレトリーバーは遺伝性の病気が多く見られる犬種です。病気にはさまざまな原因がありますが、飼い主の努力で未然に防ぐことができる病気もあります。

股関節形成不全症

ゴールデンレトリーバーでみられる遺伝性の病気には、心臓病や目の病気などがありますが、もっとも有名なのは股関節形成不全症です。
生後6か月から1歳ごろまで発症する例が多く、股関節寛骨臼の発育不全や変形などにより脱臼を起こし、歩行が困難になったり、腰のふらつきがみられるようになります。
状態によっては、食事の改善や運動を行うと同時に、床をすべりにくくしたり、段差をなくしたりするなど環境の見直しが必要です。
他にも離断性骨軟骨症や変形性骨関節症など、比較的骨の異常がみられやすい犬種なので、少しでも歩行に異常が見られたら、動物病院で診てもらってください。

関連:レトリバーやシェパードは要注意!犬の股関節形成不全について徹底解説!

進行性網膜委縮症

網膜の細胞が進行性に委縮して、目が見えなくなる遺伝性の病気です。発症してから段階的な症状があります。夜間の視力障害から始まり、進行すると昼間も視力障害や喪失が起こります。飼い主が気づいた時には既に視力を失っている場合が多いので、早期発見が重要です。
物にぶつかったり、様子がおかしいと感じた時は、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

逆さまつ毛

まつ毛が内側に向かって生え、眼球の角膜に接触することで、涙や角膜炎を引き起こします。角膜の表面が白く濁っていたり、まばたきをしていたりする場合は、目の状態を確認しましょう。毛抜きで抜くこともできますが、病院で手術をする方法もあります。

外耳炎

垂れ耳かつ、耳の中に毛が多い犬種に多い病気です。垂れ耳は通気性が悪いため、耳垢や異物が溜まりやすく、外耳炎にかかりやすくなります。
耳のお手入れは重要ですが、やりすぎは外耳炎の原因になることもあるので、やり方には十分気を付けなければなりません。
他にもダニやカビが原因になることもあるので、耳をかゆがったり、頭を振ったりするような仕草が見られたら、動物病院に相談しましょう。

関連記事:たれ耳の犬はなりやすいので注意!トイプードルと外耳炎の関係

ゴールデンレトリーバーを飼う上での注意点


ゴールデンレトリーバーは大型犬なので力が強く、散歩中にリードを引っ張られてしまうと力負けしてしまうことがあります。そのため小さな子供が散歩する時には注意が必要です。その他、どんなことに注意したらよいのかをまとめました。

被毛のお手入れ

ゴールデンレトリーバーのような長毛種は、ブラッシングが欠かせません。ブラッシングは美しい被毛を保つだけではなく、皮膚の状態の確認にもなりますし、飼い犬とスキンシップを図ることもできるので、毎日の日課として行うのが理想です。
ブラッシングは獣毛ブラシやスリッカーを使って行い、毛玉ができないようにしましょう。特に耳の周りや脇の下は毛玉ができやすい部分なので、手で全身を触りながら毛玉がないかチェックしてください。
また、ブラッシング嫌いの犬にならないよう、子犬の頃から慣れさせておくことをオススメします。

十分な運動が必要

ゴールデンレトリーバーは多くの運動量を必要とします。運動不足は肥満やストレスの原因になり、欲求不満から無駄吠えや家具を噛むといった問題行動の引き金になることもあるため、軽視できません。
特に子犬の頃の運動は、丈夫な体を作るためにも非常に重要です。
生後3~4か月までは散歩と軽い運動、生後5か月を過ぎたら本格的な運動を始めてください。1日1回15~30分を目安に、ドッグランなどの広場で思い切り運動できる時間を作ってあげるのがベストです。

子犬はいたずら好き

どの犬種であっても子犬の時期は好奇心旺盛なものですが、特にゴールデンレトリーバーはやんちゃで、いたずら好きです。
部屋の中の物をかじってボロボロにしたり、部屋中をバタバタと走り回ったりすることもあるでしょう。
大事なのは子犬だからと放置せず、小さい頃からきちんとしつけをさせることです。
室内ではケージやハウスなど、決まった場所での生活を習慣づけ、いたずらを予防します。代わりに遊んでも良いおもちゃを与えておけば、子犬もストレスを感じることはないでしょう。

まとめ

ゴールデンレトリーバーは子犬の時期こそいたずら好きではありますが、元々備わっている性格は温和であり、どんな家庭であっても飼いやすい犬と言えます。
しつけのしがいがあるところも、遊びが大好きなところも、飼い主からすると一緒にいて頼もしいパートナーと感じるのではないでしょうか。
しかし遺伝性の病気が多いことや、十分な運動が必要なことも決して忘れてはいけません。ゴールデンレトリーバーを飼う際には、ぜひこれらの情報を参考にしていただけたらと思います。

筆者紹介

Pigeonmilk
小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中