最近は、トイプードルをよく見かけます。脱毛しにくい犬種ですから、室内飼育をする場合は、お部屋のお掃除も楽という点からも人気があります。
しかしながら、そのカーリーなヘアスタイルを保つためには、まめにグルーミングをしてあげなければいけません。毎日のブラッシングはもちろん、常に皮膚の具合をチェックすることは欠かせません。そして、こういったケアをこまめにやっているようで、意外に見逃してしまうのが耳の中です。
耳が垂れている犬種ですから、しっかりと耳のペラペラ(耳介)をめくり、その内側と、見える範囲だけになりますが、耳の入り口の辺りを目と鼻での確認が必要になってきます。おそらく初めて見ると、意外なほどに耳の中に毛が生えていることに驚きますが、この性質によって、結果的に、耳の通気性が悪くなり、ニオイを嗅いでみると、酸っぱいような嫌なニオイがしたりします。
では、ニオイの原因は何かを考えてみたいと思います。

耳の構造

 

トイプードルに限らず、大型のスタンダードプードル、ミニチュアプードル、体のサイズに関わらず、どのプードルも、耳の毛は他の犬種に比べて多めです。また、耳は、外側から外耳、中耳、内耳と部位別に名前があり、一番外側から鼓膜までの部分が外耳となります。そして、耳は道のようなっているので、耳道と呼ばれますが、大抵、健康診断時には、耳鏡を使って鼓膜までの外耳道(簡略図に外耳道を示してあります)がどのようになっているか診ることになると思います。
ワンちゃんの耳は、図に示したように、人間と違って、水平ではなく、少し下に向かっているため、この性質と耳毛の多さが通気性を悪くし、生理的に耳垢(じこう)が出ても、奥に溜まりやすくなります。更に、長時間放置しておくと、真菌(カビ)や細菌が繁殖しやすく、これが結果的に耳の病気、代表的な ”外耳炎” を発症する場合があります。そして、これがニオイとなって、飼い主さんが気が付く、ということになるのです。

外耳炎とは

外耳道の炎症のことを外耳炎と言います。外耳道が何らかの原因によって炎症を起こし、初期段階は、耳を頻繁に掻いている、耳垢が沢山出る、ニオイが臭い、赤みがある、という症状で判明することが多いです。
原因は様々ですが、代表的なものは、酵母菌の仲間(真菌、カビの仲間)であるマラセチア(ヒョウタンのような形をしています)やカンジダ(丸い形)、或いは、常在細菌(健康な状態でも存在している)の中で、ワンちゃん達に多い球菌の仲間、といったものがあります。これらは、耳垢を染色して顕微鏡で見れば殆どの場合、すぐその場で診断が下ります。
また、耳ダニや、いわゆる異物の侵入、腫瘍、食べ物のアレルギーなどの可能性もありますが、忘れてはいけないことが一つあります。
それは、耳ケアのやりすぎです。やりすぎてしまうと、今度は、そのやりすぎが刺激になって、耳の中の生理的に落ち着いた環境を壊してしまい、悪い菌が増えたり、また、物理的に綿棒などで外耳道を傷つけてしまったり、耳毛を無理に頻繁に抜いてしまったり、洗浄剤が合わなかったり、など、結果的にデリケートな外耳道が悲鳴をあげてしまうこともあるのです。
しかしながら、何と言っても、全体的に見て、原因となるものは、カビや細菌類が圧倒的に多いです。そして、大抵、ニオイがきつく、殆どの飼い主さんは、顔をしかめてしまうと思います。
この外耳炎を放置しておくと、外耳道がただれてしまい、出血するなどの状況になることもあります。そして、初めは触っても怒らなかったのに、この状態まで悪化してしまうと、痛みがひどく、触ると怒る可能性が出てきます。その為、治療が困難になることもあり、飼い主さんにとっても、悩ましい状況と言えます。

外耳炎とのお付き合い

外耳炎は、上記にあるように原因はいくつかありますが、治療法は、多くの場合、処方してもらった点耳薬を自宅で点耳してあげる、定期的な耳掃除(耳毛抜去や洗浄剤投入といったやり方で獣医師が行う)の二つで落ち着きます。しかし、中には再発をする場合も多く、長いお付き合いになることもあります。
また、重度の出血がある、などの場合は、内服薬と頻繁の通院が必要になり、長期治療ということも否定できません。
そして、耳と皮膚は繫がっているので、耳は皮膚の一部と考えられており、再発が多い場合は、体質的な皮膚アレルギーを疑い、決められたアレルギー用処方食のみを食べる必要があることもあります。

注意のポイント

もともと、トイプードルの外耳炎は珍しいことではありません。普段から、耳のチェックをすること、そして、首振り、耳搔き、多量の耳垢、ニオイ、などの代表的なサインを認めた場合には、なるべく早めに受診をするべきです。様子を見ていると、あっという間に悪化してしまい、3日後には大変なことになっている、といったことがよくあります。長期治療は、ワンちゃんにとってストレスですから、是非、気をつけてあげましょう。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け