ウェルネスコアでは、犬が消化しやすい生肉や生魚といった動物性タンパク質を第1原材料に使用しており、 お腹の健康を整えるために乳酸菌(善玉菌)を配合しています。

さらに、皮膚や被毛の健康をサポートするオメガ3とオメガ6をバランスよく配合しているため、美しい毛艶を手に入れることが期待できます。

ウェルネスドッグフードの成分分析

まずは、以下の原材料と成分一覧をご覧ください。

・原材料
骨抜き七面鳥、七面鳥ミールチキンミール、じゃがいも、えんどう、乾燥粗挽きじゃがいも、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマトポマス、チキンエキス、粗挽き亜麻仁、サーモン油、ほうれん草、ブロッコリー、にんじん、パセリ、りんご、ブルーベリー、ケール、さつまいも、スペアミント、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ユッカ抽出物、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、ベータカロテン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、C)、ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)、乳酸菌
・成分表(保証分析値)
たんぱく質・・・・・・・・・・・36.0%以上
脂質・・・・・・・・・・・・・・・15.0%以上
粗繊維・・・・・・・・・・・・・・5.0%以下
灰分・・・・・・・・・・・・・・・・8.1%以下
水分・・・・・・・・・・・・・・・10.0%以下
カルシウム・・・・・・・・・・・・・2.0%以下
リン・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.3%以下
ビタミンE・・・・・・・・・・・400IU/kg以上
オメガ-6脂肪酸・・・・・・・・・3.0%以上
オメガ-3脂肪酸・・・・・・・・・0.5%以上
グルコサミン・・・・・・・・250mg/kg以上
コンドロイチン硫酸・・・200mg/kg以上
ベータカロテン・・・・・・・・・5mg/kg以上
総乳酸菌※数・・・・・1.7×105CFU/g以上

以上は、「ウェルネスコア(穀物不使用) 小型犬 成犬用(1~6歳) 骨抜き七面鳥」を参考にしています。

ウェルネスコアでは、第1主原料に消化に良い骨抜き七面鳥 (生肉)を使用しています。

また、米や小麦、とうもろこしと言った穀物を一切使用していないため、犬が起こしやすいとされる穀物アレルギー防止が期待できます。

さらに、グルコサミンとコンドロイチンを配合することにより、腰と関節の健康をサポートすることができるため、フローリングの上で生活している室内犬にも嬉しい配慮です 。

そして、酸化防止剤として使用しているミックストコフェロールやローズマリー抽出物、緑茶抽出物やスペアミント抽出物といった体への負担が少ない天然由来の酸化防止剤のみです。

そのため、 市販のドッグフードと比べるとかなり品質の高いドッグフードといえます。

その一方、少し気になる点もあるのでご紹介します。

・七面鳥ミール、チキンミール
ウェルネスコアでは、 七面鳥ミールやチキンミールと言ったミール原料が使用されています。
ミール原料の中には、4Dミート(♯)と呼ばれる悪質な肉類を使用している場合もあるので、極端に低価格のドッグフードの場合は注意が必要です。

(♯)4Dミート
4Dミートとは、「Dead(死亡した)」「Dying(死にかけている)」「Diseased(病気)」「Disabled(怪我)」の4つの頭文字を取ったアメリカの造語です。
品質が悪い肉を示すときに使われる言葉です。

・使用している酸化防止剤の種類が多過ぎる
ウェルネスコアでは、酸化防止剤としてミックストコフェロール、 ローズマリー抽出物、 緑茶抽出物、スペアミント抽出物といった多くの天然由来の酸化防止剤が使用されています。
天然の原料を使用した酸化防止剤は、人工添加物に比べて体への負担が少なく、 安全性が高いといわれています。
しかし、 一般的には1種類の酸化防止剤を使用すれば十分なところ、 ウェルネスコアでは4種類もの酸化防止剤を使用しています。
人工添加物に比べて安全といわれているものの、酸化防止剤は使用していないことが最善なので、少し不安が残るところです。

ウェルネスドッグフードの良い点悪い点

以下では、ウェルネスコアの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  高タンパク質で、穀物不使用
市販のドッグフードはタンパク質が30%ほどのところ、ウェルネスコアのタンパク質は36.0%以上であり、この数値は高い方です。

また、 犬が消化吸収を苦手とする穀物を一切使用していないため、穀物アレルギーを抱えている犬でも安心して食べることができます 。

・悪い点  高価
ウェルネスコアは900gあたり2149円(Amazon参考)と、市販のドッグフードに比べて少し高価で、この価格帯のドックフードを継続して与えることは難しいご家庭も多いことでしょう。

このような場合、無理にウェルネスコアを継続するのではなく、他のドッグフードとローテーションしながら与えることをお勧めします。

ウェルネスドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

ウェルネスコアには香料や合成調味料といった香り付けが一切されていません。
そのため、添加物を使用したドッグフードを食べ慣れた子の場合、物足りなさを感じてしまい、食べない場合があります。

この場合、 ウェットフードやささみをトッピングしてあげると食べてくれることでしょう。
また、ウェルネス(ウェルネスコアを取り扱うペットフードブランドのこと)では、ウェットフードの取り扱いもあるので、そちらをトッピングしても良いでしょう。

但し、ウェットフードやささみをトッピングしていると、トッピングがメインになってしまいがちなので、犬の食いつきを見ながら給餌量の調節を必ず行いましょう。

ウェルネスドッグフードの評判と口コミ

サイズが小さいのにカリカリ音をさせて食べることは少ないですが、
好みの味と香りなのか喜んで食ってくれますね。
食欲旺盛な子に食べさせると太らせてしまうかも知れません。
その辺はご注意です。

ウェルネス 超小型犬(約5kg以下) 成犬用(1-6歳) 骨抜きチキン&玄米 900g

14歳の高齢犬に与えた所、今までの中で一番、食いつきが良く、食べるのもあっという間。
超小型犬にとっては、少し粒が大きい為、ささ身の茹で汁で少しふやかして与えています。
「高齢になったら、ささ身などで良質のたんぱく質を与えた方が良い。」と獣医に勧められ、このフードに混ぜて与えています。
準備をしている時に足元で待つほど美味しいようです。こんな行動も久し振りです。
このフードの前までは、最初は食べても途中で嫌がって食べず、ふて寝することもありましたが、これに変えてからは、そんな行動が全くなくなりました。
フード選びで苦労しましたが、やっと食欲をそそる物に出会えて、ホッとしています。

ウェルネス コア(穀物不使用・高たんぱく質) 高齢犬用(7歳以上) 骨抜き七面鳥 1.8kg

引用元:アマゾン

ウェルネスドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:B

ウェルネスコアは、数種類のドッグフードをローテーションして与えるために使用することをお勧めします。

七面鳥ミールやチキンミールと言ったミール原料が使用されているのはいささか気になるところです。
しかし、他のドッグフードに比べタンパク質が多く、穀物不使用と言うのはかなり魅力的です。
その上、多くのペットショップやネット通販で取り扱いがされているため、簡単に入手することができます。

同じドッグフードばかり食べていると、原材料の食材や添加物にアレルギー反応を起こす場合があるので、他のドッグフードも食べさせると良いといわれており、その内の1種類として与えることをお勧めします。

外部リンク:アマゾン販売ページ

筆者btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中