安価で栄養価が高い果物「バナナ」。おやつやスイーツとして、また軽食としても食べられる定番の果物ですが、バナナを愛犬に分けてあげても問題はないのか?バナナが犬に与える影響と与える時の注意点を解説します。

犬はバナナを食べてもよいのか?

バナナは、犬にとって毒性のある成分は含んでいませんので、食べても問題ありません。
果物の甘さを好む犬の場合は、与えるととても喜んで食べます。
もちろん、与えすぎはよくありません。犬の食事の基本は総合栄養食のドッグフードが原則です。おやつやご褒美、飼い主とのコミュニケーションの一環として、適量を与えるにとどめましょう。

バナナの栄養素

カロリー:86 kcal
水分:75.4 g
脂質:0.2 g
炭水化物:22.5 g(内、水溶性食物繊維:0.1 g, 不溶性食物繊維:1.0 g)
タンパク質:1.1 g
コレステロール:0 mg
ナトリウム:0 mg
カリウム:360 mg
カルシウム:6 mg
マグネシウム:32 mg
リン:27 mg
鉄:0.3 mg
カロテン:56 μg
ナイアシン:0.7 mg
ビタミンB6:0.38 mg
ビタミンC:16 mg
ビタミンE:0.5mg
葉酸:26 μg
パントテン酸:0.44 mg
(果肉部分100gあたり)

バナナにはビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。
特に、カリウムやビタミンB6などが豊富です。

犬にバナナを与えるメリット

バナナには、ビタミンやミネラルがバランスよく豊富に含まれているので、各種の栄養素を補給するのに適しています。

また、バナナは水分が多いので、美味しく水分補給をすることができます。
カリウムには利尿作用があり、余分な塩分や老廃物を尿中から排出する効果があります。
豊富な水分との相乗効果で、尿路結石の予防効果も期待できます。ただし、マグネシウムの含有量も多いので、当然ですが与えすぎは禁物です。

バナナに含まれる食物繊維やフラクトオリゴ糖は、腸内環境を整え、便の調子を良好にする効果も期待できます。

バナナには、ポリフェノールも含まれています。ポリフェノールには血中のコレステロールを抑制する効果や、抗酸化作用によりフリーラジカル(活性酸素)から守り、身体が酸化するのを防ぐ効果があります。

ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムといった成分は、セロトニンの分泌に効果があると言われています。
犬にとっても、十分な量のセロトニンの分泌は、精神面を安定させる効果があるとされています。

犬にバナナを与えるときの注意点

・与え方の注意
大きいとうまく食べられず、喉に詰まらせることもあります。皮をむいて、小さいサイズにカットするか、薄くスライスする、またはペースト状に潰してから与えましょう。
バナナには体を冷やす効果がありますので、冷やしたものは避け、常温か人肌程度に温めたものを与えるようにしましょう。
・与えすぎ
バナナは果物の中でも糖質が多くカロリーが高い食物です。与えすぎは肥満の原因となりますので注意しましょう。
バナナばかりを食べて、ドッグフードを十分に食べなくなると、栄養バランスを崩すことにもつながります。

食物繊維を多く含みますので、適量であれば便の調子を良くしますが、与えすぎは下痢の原因になります。

与える量の目安としては、一日の摂取カロリーの10%以内にとどめるようにしましょう。

・与えてはいけない部分
バナナの皮は消化しにくく、消化不良や下痢などの原因となりますので与えないようしましょう。
犬の届く場所にむいた皮を置いておくと、食べ物と思って食べてしまうことがありますので、皮をむいたらすぐに処分しましょう。

人間用の加工食品でも、バナナだけで作られているものは問題ありませんが、砂糖や油脂などが添加されている製品は避けるようにしましょう。
チョコバナナは絶対に与えてはいけません。チョコレートは犬にとって有害な成分を含んでいて危険です。

・アレルギー
稀にですが、バナナにアレルギー反応を起こす犬もいます。
初めて与えるときは、少量だけ与えてみて、アレルギー症状や拒否反応を示さないか、注意深く様子を見るようにしましょう。
アレルギーではなくても、嘔吐や下痢などの症状が出た場合は与えないようにしましょう。
yukiya.hiプロフィール:
動物好きが高じてペットフード販売業を営む。大切な家族の一員として、体に良いペットフードをあげたいけれど、どうやって選べばよいのかわからないという飼い主さんに、カウンセリングを通して最適なフード選びを提案しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中