ドッグフードのAAFCO基準とは一体何なのか

よく目にするAAFCOについて

ドッグフードのパッケージに記載されている、【AAFCO】という文字、1度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。そもそもAAFCO(通称:アーフコorアフコ)とは、
全米飼料検査官協会(The Association of American Feed Control Offisiats)の略で、ドッグフードの栄養基準・原材料・表示などに関する基準を設定しているアメリカの団体のことを言います。
多くのドッグフードのパッケージには、【AAFCOの基準を参考に製造】や【AAFCO認定】などと記載されていることが多いため意味がよく分からなくても、この文字が書いてあれば安心と思う人も多いようです。
AAFCOでは、各ライフステージに適応した栄養基準を設定しているため、年齢によって異なる栄養バランスの心配をする必要がありません。また、栄養面においてもしっかりと給与試験を行っているので、AAFCOの基準に沿って製造されたドッグフードは、栄養基準において安心・安全なドッグフードということになります。

 

AAFCOにはどのような基準があるのか

AAFCOでは、ドッグフード(総合栄養食)において、必要な栄養素の基準を設定しています。
犬のライフステージは、パピー期(授乳期)・成犬期・シニア期に分けられるのですが、それぞれの期によって必要な栄養素は大きく異なります。例えば、成長期であるパピー期には多くのたんぱく質を必要としますが、成犬時はパピー期と比較するとそれほど必要ではなくなります。しかし、シニア期になると、また多くのたんぱく質を必要とするようになるのです。
つまり、それぞれ時期に合った栄養素の最低値・最高値を設定することにより、各ライフステージに応じた栄養素を十分に摂取できるようになるということです。

 

AAFCOにも注意点はある

ここまで話を説明すると、AAFCOと書いてあれば100%安心と思ってしまいがちではないでしょうか。しかし、AAFCOは、検査機関ではなく規制機関ということを覚えておく必要があります。規制機関とは、すでに説明してきた通り【基準を設ける機関】という意味のため、AAFCOでは、製造・販売されるドッグフードの審査や認定を行うことはないのです。

そのため、【AAFCO認定】【AAFCOの基準を参考に製造】などと記載されていても、あくまで「AAFCOが設定した栄養基準をクリアした」という意味になってしまうため、そもそものドッグフードの原材料や質に関しては、AAFCOは関与していないのです。

つまり、原材料の品質・添加物の有無などに関しては、飼い主さんが自分自身の目でパッケージを確認して、ドッグフードの安全性を確認する必要があるということになります。

ドッグフードを選ぶ際のポイント

ドッグフードを選ぶ際、以下のポイントを意識して選ぶと、犬の健康をサポートしていく上でとても役立ちます。

■総合栄養食と記載されたドッグフード
総合栄養食と記載されたドッグフードは、そのフードと水があれば、犬が1日に必要とする栄養素を十分に摂取することができます。
つまり、総合栄養食と記載のないものは、栄養のバランスが悪くなってしまうということです。

■ライフステージに応じたドッグフードを選ぶ
AAFCOの基準をもとに製造されたドッグフードなら、必要な栄養素を年齢別にバランスよく摂取することができます。

■原材料をよく見る
ドッグフードの原材料は、法律により含有量が多い順番に記載がされています。ほとんどが、肉や魚が主原料になるのですが、主原料の質、添加物の有無に関してもチェックしましょう。残念ながら、日本では人間には使用することのできない添加物が、ドッグフードには使用されていることが多いため、長期に渡って摂取すると、健康を損なう恐れもあります。

 

筆者紹介

ryooooo.co
動物看護士として働く傍ら、人間と犬がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中