胴長短足の犬と言えばダックスフンドですよね。昔から根強い人気を誇っている犬種の1つで、日本で最も飼われている犬種のランキングでは常に上位にいます。
人気の理由はなんといっても特徴的な体つきと、表情豊かな顔にあるのではないでしょうか?
そこで今回は、ダックスフンドについてまとめてみました。
どうして長年愛され続けているのか、この記事を読んでいただければその理由がわかるかと思います。
ダックスフンドを飼ってみたいと考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

ダックスフンドってどんな犬?


ダックスフンドはドイツが原産の犬種で、アナグマを捕まえる狩猟犬として活躍してきました。狩りをしやすくするために、胴長短足の体に改良された歴史があります。

ダックスフンドの種類は3つ

ダックスフンドには3つの種類がいます。

スタンダード
ミニチュア
カニンヘン

もっとも大きなスタンダードは体重9~12kgほどで、ミニチュアはその半分程度です。カニンヘンはだいたい3.2~3.5kgと、ミニチュアに比べてやや小さ目のサイズになります。
私たちが多く目にするのはミニチュアダックスフンドではないでしょうか。ミニチュアはスタンダードを小型化した種類で、愛玩犬として親しまれています。

ダックスフンドの性格

もともとは狩猟犬ですので、好奇心旺盛で勇敢です。また粘り強い反面、頑固な部分も持ち合わせています。自立心が強いためきちんとしつけを行わないとわがままに育ってしまうことも。きちんとしつけていれば、頼もしいパートナーに育ってくれるでしょう。

ダックスフンドの魅力


多くの人たちがダックスフンドに惹かれる理由は、ユニークな体型と愛嬌のある顔立ちだと思います。しかしダックスフンドの魅力は外見だけではありません。

個性的な毛質

ダックスフンドにはスムース、ロング、ワイヤーの3種類の毛質があります。

スムース
短毛で艶のある毛が密集して生えています。
ロング
ウェーブがかったやわらかい毛質で、首からお腹、足と尻尾、耳に飾り毛があります。
ワイヤー
全体的にクセのある毛で、眉と顎、耳の毛が若干長めです。

ロングはスパニエル種を、ワイヤーにはシュナウザー種を掛け合わせて作られた毛質です。そういわれてみると、それぞれスパニエルやテリア系の面影を感じますね。

バリエーション豊かな毛色

ダックスフンドには単色、2色、3色と豊富な毛色が揃っています。
単色ではレッドが基本になり、濃淡によってゴールドやクリームといった色にわけられます。
2色はブラック&タンが基本です。目の上にある丸い模様が特徴的で、ダックスフンドのイメージとして定着している毛色です。
その他、黒やレッド、グレーの基本色に不規則なベージュなどの班が入るダップルや、レッドやクリームに濃い縞模様が入るブリンドルなどがあります。

散歩や運動が大好き

ダックスフンドは活動的な性格なので、散歩や運動が大好きです。またおもちゃで遊ぶことも好きなので、散歩や遊びを通してさまざまなルールやマナーを学びます。
犬も飼い主も楽しみながらトレーニングができるのは、遊び好きのダックスフンドならではですね。

ファッションを楽しめる

今はダックスフンドの体に合ったウェアが多く販売されています。犬に服を着せることについては賛否両論ありますが、首回りや胴回りなど犬に合わせたサイズを選べば、犬への負担は軽減できます。
服を着せる理由はオシャレだけではありません。抜け毛が落ちるのを防いだり、寒い季節には防寒の役割も果たしたりと、さまざまなシーンに役立てることができるアイテムです。

ダックスフンドの価格


ダックスフンドはタイプの違いによって値段が大きく変わることはなく、毛色や毛質で変動することが多いです。
相場はだいたい10万~30万で、主流のレッドは比較的安く、珍しい毛色ではやや高くなります。
入手先はブリーダーやペットショップが一般的ですが、適正な環境で飼育されているか、きちんと相談できてアドバイスをくれる相手かどうか等、購入前に見極めが大切です。

ダックスフンドがなりやすい病気


ダックスフンドはその独特な体型ゆえにかかりやすい病気があります。事前にどんな病気にかかる可能性があるかをきちんと知っておきましょう。

椎間板ヘルニア

ダックスフンドは胴長であることと、椎間板に異常が起こりやすいことから、ヘルニアになりやすい犬種です。
階段などの段差の上り下りや、骨の老化によって椎間板ヘルニアを発症するケースが多いです。ダックスフンドを飼育する環境では、腰に負担をかけないような対策が必要になります。

関連:ダックス以外も要注意!犬の椎間板疾患 椎間板ヘルニアの症状や治療、予防について徹底解説

アレルギー性皮膚炎

ある特定の物質(アレルゲン)に過剰に反応し、皮膚に痒みや発疹などを起こす病気です。
アレルギーが出やすい部分は、主に顔周りや腰、お腹などです。
ダックスフンドにはアレルギー体質の個体が多いとされているので、あらかじめ動物病院でアレルギーの検査を受けておくと良いでしょう。

関連:犬のアレルギー性皮膚炎4つの原因について解説~その症状とは?~

糖尿病

膵臓で作られるホルモンをインスリンと言い、細胞に糖を送り込む役割があります。このインスリンが欠乏してしまうのが、糖尿病の原因です。症状は多飲多尿、体重減少などが見られます。
糖尿病は1度発症すると完治が難しいため、糖尿病にかからないための予防が大切です。

関連:肥満や各種添加物の摂り過ぎには注意!犬の糖尿病について

腫瘍

腫瘍には良性と悪性のものがあり、体のあらゆる部分にできます。ダックスフンドでは老犬に多く見られ、悪性であれば死に至る場合もあります。
年齢に限らず動物病院で定期検診を受け、病気の早期発見に努めましょう。

ダックスフンドを飼う上での注意点


犬を飼う時には用意しなければならないものが多くありますが、犬種によって必要なものやお手入れ方法が異なる場合があります。
ダックスフンドを飼う場合、どんなことに気を付けたら良いのかをご紹介します。

抜け毛対策のためにブラッシングを

ダックスフンドは3つの毛質がありますが、それぞれお手入れ方法は異なります。
もっとも人気が高いのはロングですが、被毛が長いので毛玉になりやすく、ブラッシングは必須です。
また短毛のスムースであっても抜け毛はありますので、ゴムブラシなどでブラッシングをしてあげると被毛を清潔に保つことができます。
トリミングサロンでお手入れをしてもらうのも良いですが、ブラッシングを行うことで皮膚の異常にいち早く気づくことができ、犬とスキンシップを図れる機会にもなりますので、ぜひ飼い主の手で行ってあげてください。

ダックスフンドは吠えやすい?

ダックスフンドなどの狩猟犬は、遺伝的に吠えやすい気質があるともいわれています。
犬は「吠える」ことで自分の気持ちを表しているので自然な行為ではあるのですが、近所迷惑を考えるとそのままにしておくのも問題です。
犬が「吠える」時には必ず何かしらの理由があるので、まずは原因を突き止め、それに合わせた対策を考えることが大切です。

肥満になりやすい

たまに丸太のようなダックスフンドを見かけることがあります。太りやすい体質ではないのですが、かわいがり過ぎておやつをたくさん与えてしまい、肥満になる子が多いようです。
肥満は病気に繋がることもあるので、太りすぎないように餌の管理や、運動不足の解消を徹底する必要があります。
もし肥満になってしまった場合でも、運動好きのダックスフンドですから、餌の量を調整してたくさん遊んであげることでダイエットになります。

まとめ

ダックスフンドはサイズから毛色、毛質までさまざまなパターンがあるので、どんな子を飼おうかと迷う楽しみもあります。
しかし実際に飼う時には見た目だけでなく、性格や目的、かかりやすい病気、美容代などを調べ、飼えるかどうかの判断を決めていきましょう。
あらかじめ長所と短所を理解しておくことが、ダックスフンドと上手に付き合っていくコツですよ。

筆者紹介

Pigeonmilk
小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中