「愛犬の口が臭いのは犬だから仕方がない」――そう思っている飼い主さん、いませんか?犬だから口臭があるのは当たり前なんてことはないんですよ。愛犬に口臭があるのは、体に異常があるからなんです。

今回は、犬の口臭の原因について考えてみましょう。その口臭、本当に放置しておいて大丈夫ですか?

犬の口臭はどこから出る?

犬の口臭の出どころは、大きく2カ所に分かれます。

口の中から出る口臭

まず、犬の口臭の大部分の原因は口の中にあります。口の中に強いにおいを発生する原因があり、それが口臭としてにおってくるタイプですね。

口の中に口臭の原因がある場合、よだれ自体が臭くなってくることが多いです。よだれのにおいをかいでみて、口臭と同じにおいがする場合は、口臭の原因が口の中にある可能性が高くなります。

口の中以外の内臓から出る口臭

犬の口臭には、口の中ではなく内臓が原因となるタイプもあります。こちらの場合は、口の中に問題がないためよだれのにおいはきつくなく、よだれは口臭と違うにおいになります。よだれににおいがあまりないのに口(息)が臭い場合は、口の中以外に問題があり、息自体が臭い可能性が高いでしょう。

口の中の異常による口臭

では、口の中の異常によって起こる口臭の原因について見ていきましょう。以下のような病気が口臭の原因になります。

歯垢・歯石

歯垢は食べかすなどの汚れだけではなく、細菌そのものと食べかすを細菌が代謝した老廃物の塊です。歯垢がしばらく存在すると、そこにミネラル分が付着して歯石になります。つまり、歯垢や歯石は単なる汚れではなく、細菌や細菌が出す老廃物の塊であり、腐った食べ物のような強烈な生臭いにおいを発します。

犬の口臭の大部分が歯垢や歯石によるものです。ただし、歯垢や歯石は口臭の原因となったり、歯槽膿漏のリスクを高めるだけでなく、心不全や腎不全を引き起こすこともあるといわれています。歯垢や歯石は大丈夫ということではないので、動物病院で治療の相談をしてみてください。

歯周炎(歯周病)

犬の歯周炎(歯周病)の多くは、歯垢や歯石が原因となって起こることがありますが、歯周炎(歯周病)単独でも口臭がきつくなってくることがあります。

歯周炎(歯周病)のにおいの元は、炎症や感染によるものです。炎症がひどくなって膿を持つようになると、膿独特のにおいがしてくることも多いです。

関連:自覚無き進行!犬の歯周病の原因や症状、予防について徹底解説!

口腔内腫瘍

6~7歳以降の高齢犬には口の中にできる腫瘍も増えてきます。犬では、悪性黒色腫(メラノーマ)、繊維肉腫、扁平上皮癌などの腫瘍が口の中にできることも少なくありません。

腫瘍自体には特別においはありませんが、腫瘍がある程度大きくなり、自壊したり感染したりすると、歯周炎のような化膿臭が出て来ることがあります。

関連:口の出血、よだれ、きつい口臭があったら犬の口腔内腫瘍を疑うべし

肺から出て来る口臭

肺は酸素と二酸化炭素の交換以外にも、さまざまなガス(気体)を息の中に排泄するという役割があります。その中で、口臭になる原因物質の代表がアンモニアです。アンモニアの血液中の濃度は、腎不全(尿毒症)や肝不全があると上がってきます。血液中のアンモニアが二酸化炭素と一緒に呼気中に排泄されると、独特の口臭が出て来ることがあります。

口の中に原因がある口臭では他の症状がないことが多いのに対し、肺からアンモニアが排泄される場合は、全身状態が悪くなることが多いです。元気や食欲の低下、嘔吐などとともに口臭が出て来る場合には、こちらの原因の可能性もありますので注意してください。

消化管から出て来る口臭

胃潰瘍や胃炎など胃の中が荒れていても口臭がすることがありますが、犬の場合は、胃の荒れによる口臭はほとんどわかりません。

ただし、一つ気をつけたいのが「便臭」です。これは小腸の奥の方や大腸で「腸閉そく
を起こした場合に出て来る、便のにおいのような口臭です。嘔吐とともに便臭がある場合は、腸閉そくの可能性があり、緊急で病院へ行ってもらった方がいいでしょう。

家で口臭の原因を調べられるか?

では、口臭の原因をお家で見極めることができるのでしょうか?

口の中の異常は見つけやすい

歯垢は、歯の表面の白や薄黄色の汚れとして見られることが多いです。それが硬い場合はすでに歯石に変わっている可能性が高いです。また、歯周炎や歯周病は歯の根元の歯茎の赤みや腫れ、ただれなどとして見つけることができます。歯周病はひどくなると歯の根元に膿を持って、目の下や顎の下が腫れて来ることもあります。

口腔内腫瘍は、舌や歯茎などから出て来るできものとして見つかることが多いです。メラノーマでは黒色をしていることもありますが、黒色じゃないからメラノーマではないということは言えません。また、見た目だけで悪性か良性かを判断することもできません。

口以外の原因を家で調べることは難しい

消化管や肺からくる口臭は、飼い主さんがその原因を推定することは非常に難しいです。よだれがほとんどにおわなければ消化管や肺からの口臭の可能性が高いですが、その原因が消化管にあるのか、肝臓や腎臓にあるのかの判断は難しく、もちろん病名を推定することも困難です。

検査をしないと本当の原因はわからない

口の中に異常があっても、それが本当に口臭の原因になっているのかどうかはわかりません。歯周炎だと思っていたのが実は腫瘍だったということもありますし、歯石は付いているが、実は内臓からの口臭だったということもあります。

口臭の原因を自分で勝手に決めてしまうのは危険ですので、口臭が気になる人は一度動物病院で診てもらいましょう。元気も食欲もあり、口臭以外に気になる症状がない場合は緊急性はありませんが、口臭以外にも症状がある場合はなるべく早く見てもらう必要があります。

まとめ

犬の口臭は、口の中の異常だけでなく、内臓の異常によって起こることもあるんですね。あなたのお家のワンちゃんは大丈夫でしょうか?

犬だから口臭があるというわけではなく、口臭がある場合は歯垢や歯石を含めて何らかの病気がある可能性が高いです。口臭が大きな病気の早期発見につながることもあります。愛犬の口臭が気になる飼い主さんは、一度動物病院で口の中や全身状態のチェックをしてもらってくださいね。

関連記事:【本物】の犬用サプリメント「キュアペット」について。メリット・デメリット、評判・口コミ全部まとめてみた!

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中