アーガイルディッシュ ドッグフード(以下、Argyle Dishesと表記)は、人間用の食品の安全基準をクリアした有機野菜やお肉をそのまま使用した、日本で生活している犬の生活環境や食習慣を考慮して作られたオーストラリア産のドッグフードです。
完成したドッグフードは認証オーガニックとして保証されており、パッケージには「有機認証ロゴ」が表示されています。

アーガイルディッシュ ドッグフードの成分分析

まずは、以下の原材料と成分一覧をご覧ください。

・原材料
有機動物性タンパク質(ラム肉、牛肉) 、有機全粒シリアル(玄米、オーツ麦、白たかきび、ミレット、大麦) 、有機植物性タンパク質(ひまわり種子) 、オメガ3&6植物性オイル(フラキシードオイル) 、ブルーベリー抽出物、ユッカ、クロレラ、ビタミン&アミノ酸キレートミネラル(*1)
(*1)
ビタミン(ビタミンA、ビタミンB1、B6、B12、リボフラビン、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、塩化コリン、L-アスコルビン酸、ビタミンD3、葉酸)、β-カロテン、アミノ酸亜鉛キレート、アミノ酸鉄キレート、アミノ酸マンガンキレート、アミノ酸銅キレート、ヨウ素酸カルシウム、塩化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、アミノ酸類(アルギニン、トリプトファン、リジン、L-カルニチン)、タウリン、イオウ、クエン酸

・成分表(成分値)
粗タンパク質 23%以上、粗脂肪 10%以上、粗繊維 5%以下、粗灰分 7%以下、水分 11%以下、カルシウム 1.2%以下、リン 1%以上、リノール酸 2%以上、オメガ6脂肪酸 2.5%以上、オメガ3脂肪酸 0.5%以上、 代謝エネルギー(ME)  340Kcal/100g

以上は、「ウィステリア・アダルト Wisteria Adult」を参考にしています。

Argyle Dishesは、日本の有機JASと相互認定をしているオーストラリア認定機関ACO(Australia Certified Organic)から保証を受けており、フード全体の95%以上がオーガニックの原料を使用し、動物性たんぱく質であるラムとビーフは豊富に使用され、犬の体に負担を掛けない配慮がされています。
さらに、皮膚や被毛の美しさを維持するために大切なオメガ3とオメガ6や、タンパク質、ビタミン、ミネラル、クロロフィルを豊富に含むクロレラ、ビタミンとミネラルによって腸壁の栄養吸収を高めるユッカが、バランス良く配合されています。

関連:ドッグフードに含まれると嬉しい♪多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸)について解説

その一方、少し気になる点もあるのでご紹介します。

・有機全粒シリアル(玄米、オーツ麦、白たかきび、ミレット、大麦)
Argyle Dishesには、玄米、オーツ麦、白たかきび、ミレット、大麦といった穀物が豊富に使用されています。
犬の祖先である狼は肉食動物であったことから、雑食となった現在でも、穀物の消化・吸収はそれほど、得意ではありません。
そのため、犬には穀物を使用していないグレインフリーを与えることをオススメします。

また、Argyle Dishesでは、グレインフリーの「グレヴィレア・アダルト Grevillea Adult」というフードも取り扱いがあります。
但し、グレヴィレア・アダルトはACO認定外の商品なので、オーガニックにこだわりを持っている飼い主さんは注意をして下さい。

アーガイルディッシュ ドッグフードの良い点悪い点

以下では、Argyle Dishesの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  無添加
Argyle Dishesには添加物が一切使用されていません。
そのため、添加物による余計な負担を掛けずに済むので、毛艶が良くなったり、軟便や便秘が治まったり、フードを吐き戻さなくなったりと、犬の容姿や体調が良好になる子が多いです。
・悪い点  賞味期限が短い
あえて悪い点を挙げるのであれば、賞味期限が短いことです。
添加物を一切使用していないため、市販のドッグフードより管理が大変です。

一般的なドッグフードの保存方法は、直射日光をさけた涼しい場所で、なるべく空気に触れないように管理するようにとパッケージに表示されていますが、人工添加物を使用しているため、多少、上手にできなくても、腐敗することは殆どありません。
しかしArgyle Dishesは無添加のため、保存方法を守らなければ腐敗してしまうので、保存は丁寧に行いましょう。

アーガイルディッシュ ドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

Argyle Dishesには穀物が多く使用されています。
犬は匂いを嗅ぎ分ける能力が長けているため、この匂いを嗅ぎ分け、食べない場合があります。
この場合、ウェットフードをかけたり、お肉をトッピングしたりすると食べることが多いです。

また、香料や合成調味料を使用したドッグフードを食べ慣れている犬も、Argyle Dishesを食べない場合があります。
Argyle Dishesは食材の味や香りがフードそのものの味となっているため、添加物入りのフードに慣れてしまった子には、味や香りに物足りなさを感じてしまいます。
この場合、ふりかけやウェットフードをかけると食べることがあります。
但し、この対策をし続けてしまうとArgyle Dishesの無添加という良い点を打ち消してしまうので、徐々にトッピングの量は減らしましょう。

アーガイルディッシュ ドッグフードの評判と口コミ

現在アーガイルディッシュ ドッグフードの評判や口コミはございません。

当サイトではドッグフードの評判や口コミを募集しております。ご協力お願いできれば幸いです。

口コミ募集ページへ

アーガイルディッシュ ドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:B

Argyle Dishesはオススメのドッグフードです。
原産国であるオーストラリアは、輸出入に関し、厳しい制限を設けており、それはドッグフードも対象です。
また、ドッグフードに限らずペットフードへの関心が高く、より安全性の高いオーガニックフードが人気を集めています。
ただ、グレインフリーの場合、ACOから保証を受けていない点が残念なところです。

外部リンク:アマゾン販売ページへ

外部リンク:楽天販売ページへ

筆者btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中