ドッグフードのパッケージを見ると、必ず成分表記が記載されており、様々な原材料が使われていることがわかります。健康的な食生活に欠かせないものから、犬にとっては不要であったり、害になってしまうようなものまで、原材料はドッグフードによって多種多様です。
飼い主として、また、大切な家族として、犬にとって害となる原材料が使われているドッグフードを与えるのは避けたいところです。
本記事では、そのような避けるべき原材料をご紹介します。

〇〇ミール

チキンミール、ビーフミール、フィッシュミール、ミートミール、家禽ミールといったミール類が原材料として使われているドッグフードは避けるべきです。
ミールというのは、原料となる動物を粉状に粉砕して混ぜ合わせたもののことです。ミール類には、コスト削減のため肉の部分だけでなく、副産物も同時に粉砕して含まれていることが多くあります。例えば、チキンミールの場合は、鶏のくちばしやトサカなども一緒に粉砕して原材料として含まれていることがあります。
副産物は本来食べるべき部分ではないので、栄養価が低く消化にも悪いため、避けるべきです。
さらに、ミートミールや家禽ミールなど、そもそも何の肉が使われているのかもわからないような原材料には注意が必要です。
※高価格帯なプレミアムフードでミール類が使われている場合は、純粋に肉の部分だけを粉状にして利用されているので、この限りではありません。

関連:大豆ミールには注意!!ドッグフードの原料に使われている大豆について解説

関連:ドッグフードの原材料 〜チキンミール〜 特徴と留意事項

合成着色料

赤色○号、黄色○号、青色○号、二酸化チタンといった合成着色料が使われているドッグフードは避けるべきです。
合成着色料には、毒性を持つものが多くあります。
また、色が付いていると人間の目からは美味しそうに見えるかもしれませんが、犬は人間と比べると色を見分ける能力が低いので、色が付いていてもいなくてもわかりません。
つまり、犬にとって、ドッグフードに着色料を使うことのメリットは何もなく、害しかありません。

合成保存料

ソルビン酸カリウムといった合成保存料は、亜硝酸塩という物質と反応すると発がん性を示します。ソルビン酸カリウム単体では害はありませんが、発がん性物質へと変化する可能性がある以上、避けるべき原材料と言えます。

人工の酸化防止剤

BHAやBHT、没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤は、発がん性が報告されています。ドッグフードの酸化防止剤としての使用量では影響がないとは言えますが、発がん性物質である以上は、避けるべき原材料と言えます。

関連:ドッグフードに含まれる酸化防止剤 〜気をつけるべき成分は?〜

まとめ

今回ピックアップした避けるべき原材料は、合成着色料、合成保存料、人工の酸化防止剤です。
着色料は犬にとっては意味がなく、害だけの不要な成分です。保存料や酸化防止剤は、人工のものは毒性が懸念されますので、天然由来の成分が使われているものを選びましょう。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中