犬のジステンパー感染症は、パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎と並び、子犬ちゃんでの致死率の高いわんちゃん同士の感染症の1つです。「とにかく、かかったら、命を落としてしまう可能性が高い…」などのイメージがある方も多いと思います。少なくとも動物病院に勤務しているとそんなイメージがある恐ろしい病気です。
今回は、ジステンパーウイルス感染症についてです。どんな症状がでるのか、治療や予防についても詳しくお話しをしたいと思います。

ジステンパーってどんな病気?

ジステンパーウイルスが原因となったわんちゃんの感染症です。人のハシカウイルスに似ていると言われています。このウイルスは特に子犬〜若いわんちゃんで1番多くみられるとも言われ、ウイルスに感染すると50%〜90%と高い確率で死に至る恐ろしい病気です。
ジステンパーに感染しているわんちゃんの咳やくしゃみ、唾液や鼻汁などの分泌物、尿や便を介して感染が広がります。
原因となるウイルスは熱や乾燥、紫外線には弱く、また、アルコールや石鹸で死滅するような弱いものなのです。しかし、寒い時期には環境中に残り、わんちゃんの体の外でもしばらく生き残ることができるため、注意が必要になります。

ジステンパーに感染するとどうなるの?

症状は、急性症、亜急性症、慢性症に分けられます。それぞれの症状について順にご紹介しますね。

急性症
感染後約1週間するとまず発熱します。しかし、この時点ではまだ他に症状はありません。そのため気づかないことも多いです。さらに1週間すると発熱とともに、咳、鼻水、目やに、下痢、嘔吐、脱水、衰弱などの全身症状が出ます。これはウイルスが粘膜の表面の細胞で増えるためです。これらの症状の中でも、咳は伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)、嘔吐、下痢、脱水はパルボウイルス感染症でもみられます。特に仔犬の場合、ちょっとした変化が病気の初期症状であることもあるので、注意をしてあげてください。では、またジステンパーの全身症状についてのお話しに戻します。全身症状が出ると同時に、皮膚にも症状が出た場合には、免疫が頑張っている証拠であると言われていて、皮膚症状が出たわんちゃんでは回復することもあります。しかし、ウイルスが脳に回ってしまい、痙攣などの神経症状が出ている場合には回復は望めないと言われています。
亜急性症
これは、急性期からの回復をしたわんちゃんや、比較的軽症の急性期であったわんちゃんにみられます。数週間以上経ってから、痙攣などの原因不明の神経症状が出ます。これはウイルスが脳に潜んでいたためだと言われています。生後6ヶ月未満のわんちゃんの突然の神経症状では、ジステンパーウイルスが原因の神経症状が疑われます。症状が出ると死亡することが多いですが、たとえ一命を取り止めても、神経に障害が残る可能性があると言われています。
慢性症
慢性症では、脳に入ったウイルスによる脳炎が徐々に進行して4歳〜8歳くらいの年齢で、痙攣や麻痺などの症状が出ます。

どんな治療をするの?

それでは、ジステンパーにはどんな治療法があるのでしょうか。
人のインフルエンザとは違い、ウイルスを直接に攻撃するような特効薬はありません。そのため、症状に応じた治療を行うことになります。二次的な細菌感染に対しては抗生物質を投与したり、下痢や嘔吐を止める薬を使う、水分や栄養補給のために点滴を行う、などです。特効薬はなくても、こういった治療をすることで、わんちゃん持っているウイルスと闘う力を引き出し、回復のチャンスを待ちます。

予防はできる?

恐ろしいジステンパーの予防はできるのでしょうか。
混合ワクチンに含まれる、ジステンパーウイルスワクチンで予防ができます。混合ワクチンには種類がいろいろありますが、ほとんどの病院で5種以上の混合ワクチンを接種します。ジステンパーウイルス感染症、アデノウイルス感染症、パルボウイルス感染症、はワクチンによる予防の要になりますので、5種以上のワクチンには含まれると思っていただいて大丈夫です。

ジステンパーウイルスにはワクチン接種が始まる頃の子犬がかかりやすいです。そのため、ウイルスに感染し、全身症状が出始める前の期間にワクチンを接種する、ということが起きてしまうことがあります。つまり、ジステンパーにかかっているけれど、症状が出ていないから感染に気付かずにワクチンを接種した、ということです。この場合、ワクチン接種をしているにもかかわらず、ジステンパーにかかったようにみえてしまいます。しかし、ワクチンが効いていないのではなく、ウイルスに感染してから全身症状が出るまでの時間差があるため、そのような事態が起きてしまうのです。

ウイルスは咳やくしゃみなどに含まれる飛沫により感染することが多いです。咳やくしゃみは思った以上に遠くまで飛びます。飛沫中に含まれるウイルスも、気温の低い冬場には環境中に生存できてしまいます。わんちゃんにマスクは装着できませんから、多くの子犬が集まるような場所には愛犬を連れて行かないようにして、感染の機会を作らないようにすることも大切ですね。また、私たちがウイルスを運ぶこともあるかもしれません。外出から帰ったら手洗いをしてから愛犬を触るようにしましょう。

まとめ

やはり、ジステンパーは怖い病気ですね。しかし、予防策が無いわけではありません。推奨される通りのワクチン接種を行い、感染の機会を極力減らす努力をすることで愛犬を守ることができます。特に、仔犬を迎えられた方や仔犬を迎える予定のある方は、これから寒い季節になりますので、ジステンパーに限らず、ウイルスによる感染症には注意をしていきましょう。

(uw25rescueccnu)
育児をしながら臨床獣医師として勤務中、その傍でペットについて正しい知識をもってもらいたいという思いから、執筆も手がけています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中