ビューティープロは、日本ペットフードが提供しているドッグフードです。
獣医師の監修の下、美しさ、健康、おいしさの3つに重点をおいています。
また、ドッグフードには珍しく、コラーゲンが3,000㎎/㎏配合されており、美しい毛並みや皮膚、そして若く健康的な体を維持するために役立てています。
さらに、ドッグフードの種類は年齢だけではく、ダイエットや食物アレルギー、歯やお腹の健康をサポートしたフードまで用意しています。

ビューティープロの成分分析

まずは、以下の原材料と成分一覧をご覧ください。

・原材料
穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン)、肉類(チキンミール、チキンレバーパウダー)、油脂類動物性油脂植物性油脂、共役リノール酸、γ-リノレン酸(オメガ-6脂肪酸))、魚介類(フィッシュエキスパウダー、マリンコラーゲン、小魚粉末(DHA、EPA/オメガ-3脂肪酸源))、ビール酵母(β-グルカン源)、糖類(オリゴ糖、エリスリトール)、カゼインホスホペプチド、果実類(クランベリーパウダー、ブルーベリーパウダー(アントシアニン源))、トマト(L-カルニチン、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、グルコン酸亜鉛、硫酸亜鉛、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、B2、B6、B12、D、E、パントテン酸、コリン)、バチルスサブチルス(活性菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、アミノ酸類(アルギニン、タウリン、メチオニン)、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸
・成分表(保証成分)
タンパク質25.0%以上、脂質12.0%以上、粗繊維3.0%以下、灰分8.5%以下、水分10.0%以下、カルシウム1.0%以上、リン0.8%以上、リノール酸1.5%以上、ビタミンA 550IU/100g以上、ビタミンE 10.0IU/100g以上、ビタミンB1 0.2mg/100g以上、ビタミンB2 0.3mg/100g以上、ビタミンB6 0.4mg/100g以上、ビタミンB12 0.003mg/100g以上、代謝エネルギー370kcal/100g

以上は、「BEAUTY pro 成犬用 1歳から」を参考にしています。

ビューティープロは、その名の通り、美しさを維持するために必要なグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸といった成分が配合されています。
これらにより、健康を維持するサポートもできます。

また酸化防止剤には、ミックストコフェロールやローズマリー抽出物が使用されているため、人工保存料に比べて、犬の体に負担を掛けることはありません。

その一方、少し気になる点もあるのでご紹介します。

・主原料が穀類
ビューティープロの主原料は、穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン)です。
穀類は繰り返し食べることにより、アレルギーを起こす確率を高めてしまいます。
そのため、主原料はチキンやラム、サーモンといった肉や魚が望ましいです。

・ミールが使用されている
ビューティープロでは、犬の健康を維持するためには欠かせない動物性たんぱく質として、肉類(チキンミール、チキンレバーパウダー)が使用されています。

特にチキンミール(♯)は、鶏を精肉した際に余った骨や血液、羽や腸といった部分が使用されている場合もあり、好ましくない原料です。

(♯)チキンミール
チキンミールとは、鶏を精製した際の副産物(骨や血液、羽など)から脂分を抽出した際に残った搾りカスのことです。

ビューティープロの良い点悪い点

以下では、ビューティープロの良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  脂肪分を調整している
かつて犬は、人間の仕事の手伝いをしたり、家を守ったりするために飼育されていましたが、現在の日本では約7割以上の犬が室内で飼育されている愛玩犬です。
そのため、運動量が少なく、肥満になりやすいです。
しかし、ビューティープロは脂肪分の調整をしているため、運動量が少ない子でも、安心して食べることができます。
・悪い点  原材料の種類
ビューティープロは、主原料が穀類であったり、肉類にはチキンミールが使用されたりしています。
また、動物性油脂や植物性油脂など、具体的にどのような動物や植物を精製した油脂か分からないものも使用されています。
犬の健康維持を目的とするならば、ビューティープロを繰り返し与えることは控えるべきでしょう。

ビューティープロを食べない子がいるのはどうして?

犬は肉の匂いを好みます。
しかし、ビューティープロには加工されている肉類が使用されており、肉そのものは一切、原材料に含まれていません。
犬は匂いを嗅ぎ分ける能力に長けているため、このような僅かな匂いを嗅ぎ分け、食べない場合があります。
この場合、ウェットフードをトッピングしたり、フードに鶏の煮汁をかけたりすると、食べることが多いです。

ビューティープロの評判と口コミ

このドックフードは、毛並みなどのツヤなども考えてくれたドックフードなので、そこのが気に入って購入しています。
形もハート型でとってもかわいいですし、実際にお散歩に行くと毛並みのツヤなどを褒められることがあるので、効果があるとおもっています。
コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されているのがいいのかな?っておもいます。
私はあまりいろいろなドックフードをとっかえひっかえするのが好きではないので、ずっとこれですね。
一回も食べないといったこともないですし、うちの子も気に入ってくれています。

チワワ 2歳 利用期間:2年間 80点

ビューティープロは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:E

ビューティープロは、あまりオススメできないドッグフードです。

その理由は、原材料です。
犬の健康をサポートする上では、グレインフリー(穀類不使用)がオススメなのですが、ビューティープロでは穀類が主原料として使用されています。
また、チキンではなく、チキンミールやチキンレバーパウダーといった加工した鶏が使用されている点も、健康面において負担となるでしょう。

もう一点は、価格です。
ビューティープロは6㎏あたり2,250円程度で販売されています。
この価格は、ドッグフードの中でも安価です。
ここまでフードの値段を抑えられるということは、コストダウンのため、原材料にもシワ寄せがきていることでしょう。

口コミによっては、ビューティープロだけを2年以上愛用している飼い主さんもいらっしゃいますが、他のドッグフードをローテーションして与えることをオススメします。

外部リンク:アマゾン販売ページへ

外部リンク:楽天販売ページへ

筆者btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中