ペット第一主義を掲げるニュートロより販売されている「Supremo」

実際に利用している方の評判などを見ていきましょう

ニュートロドッグフード(Supremo)シュプレモの評判と口コミ

良い評判

昔は別の商品を使用していたのですが、シュプレモのほうが体によさそうなので、切り替えました。
以前は体調によってフードをあまり食べないこともあったのですが、シュプレモに変えてから、食いつきも非常によくなりました。
便の回数や調子も非常によく、お腹の調子も以前より良くなったように感じます。
毛艶も綺麗になったので、シュプレモに変えてよかったと思っています。
少し料金が高いのが難点ですが、これからもシュプレモを与え続けたいと思います。

ニュートロドッグフード シュプレモ 小型犬用 ミニチュアダックスフンド 3歳 利用歴;1年 90点

子犬の時からニュートロシリーズを利用していて、シニアになった8歳の時にこちらのエイジングケアに変更しました。
三角形の中粒タイプで、食いつき・毛艶・便・健康面すべて問題ありません。栄養素がバランスよく配合されているので、10歳になった今も若々しくいられるのはこのフードのおかげだと思います。
だいたいどこのペットショップにも売っているので買い忘れて焦ることもないですし、商品自体ジッパーがついているので密封保存できて便利な商品です。

ニュートロ シュプレモ エイジングケア ミニチュアダックスフンド・10歳・利用期間2年 95点

 

悪い口コミ

1㎏のお試し用があるのは親切だけれど、出来ればジッパーもついているといいなと思いました。粒は小粒タイプのものの中でもかなり小さめ。生後数ヵ月の赤ちゃんでも早い時期からふやかしたりせず食べやすいと思います。私はふやかしてフードが臭うのが気になっていたため、その点は凄く気に入りました。値段も高過ぎず経済的です。ただ飼い犬の食い付きがいまいちなのか、体重の増えはこれでいいのかなと不安になる面もありました。

ニュートロ シュプレモ 子犬 ポメラニアン・生後4か月 利用歴: 2ヶ月 75点

 

Supremo(シュプレモ)ドッグフードの原材料と成分分析

原材料

チキン生肉、乾燥チキン、玄米粗挽き米、米糠、鶏脂、乾燥ラム肉、乾燥サーモン、タンパク加水分解物、亜麻仁、ひまわり油ビートパルプ、オーツ麦、乾燥卵、トマト、ザクロ、ブルーベリー、クランベリー、パンプキン、ホウレン草、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、β-カロテン、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(L-カルニチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

シュプレモドッグフードは、超小型犬から小型犬を対象としたフードの製造を中心に行っています。
そのため、子犬や身体が小さな犬でも食べやすいようフードの粒が小さく、1袋1kgから販売しているので、小型犬を1匹飼育している家庭でも使い勝手がいいです。

また、主原料には肉や魚といった動物性たんぱく質を使っているため、運動量が少ない室内犬でも筋肉維持をサポートしてくれます。

その一方、鶏脂(♯1)やビートパルプ(♯2)が使われているのは、少し不安があります。
これらはドッグフードを作る上で必要な原料ではなく、フレーバー(香料)やかさましのために使用されるので、素材にこだわりたい飼い主さんへ向けたフードとしては不十分でしょう。

(♯1)鶏脂とは
鶏脂とは、精肉加工した際に残ったカス(毛や骨を使うこともあります)に熱を加えて溶かした後、精製した油脂のことです。
またこの工程をレンダリング(※3)と呼び、油脂を絞ったカスは乾燥させ、ミールや肉粉となり、ドッグフードなどに使われます。

鶏脂はチキンの良い匂いがするため、ドッグフードに添加すると犬の食いつきが良くなるため、フレーバー(香料)として使用されます。

(♯2)ビートパルプとは
ビートパルプとは、砂糖の原料であるサトウダイコンを抽出した際に残ったカスのことです。
抽出方法は、圧搾や硫酸系の薬品を用いて行われることがあり、ドッグフードによっては、薬品がついた状態で使っていることもあります。

ビートパルプは甘い味や匂いがするため、甘味を好む動物である犬には食欲をそそることがあります。

(♯3)レンダリングについて
ペットフードは、事故や病気、駆除や安楽死といった死因の動物をまとめてレンダリング処理をして製造しているケースがあります。
このような肉を4Dミートといい、ミールや肉粉として激安のドッグフードに使われていることもあります。

関連:ドッグフードで絶対に避けるべき原材料 “4Dミート”

成分分析表

タンパク質 25.0%以上 リジン 1.0%以上 コンドロイチン 300mg/kg以上
脂質 14.0%以上 亜鉛 250mg/kg以上 グルコサミン 200mg/kg以上
粗繊維 4.0%以下 オメガ3脂肪酸 0.3%以上
灰分 9.0%以下 オメガ6脂肪酸 3.6%以上
水分 10.0%以下 ビタミンE 400IU/kg以上
アルギニン 1.0%以上 β-カロテン 0.5mg/kg以上
代謝エネルギー 350kcal/100g

たんぱく質25%前後、脂質15%以下という要素を満たしており、オメガ脂肪酸やグルコサミンが配合されている点は高評価です。

関連:ドッグフードに含まれると嬉しい♪多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸)について解説

 

Supremo(シュプレモ)ドッグフードの良い点悪い点

以下では、シュプレモドッグフードの良い点・悪い点をご紹介します。

 

・良い点  相性の良い食材を使い、栄養を効率良く摂取できる
シュプレモドッグフードでは、1つの栄養素を単独で摂るのではなく、相性のいい栄養素をまとめて摂取することで、より高い栄養を摂取し、犬の健康をサポートしています。

例えば、ニンジンに含まれるビタミンAを効率良く摂取するため、ひまわり油に含まれる脂質を組み合わせ、犬の健康をサポートしています。

・悪い点  酸化防止剤が多く使われている
シュプレモドッグフードでは、ミックストコフェロールやローズマリー抽出物、緑茶抽出物やスペアミント抽出物といった酸化防止剤が種類豊富に使われています。

全て天然由来の添加物のため危険性は低いのですが、これほど多くの酸化防止剤を使用しなくてはいけない理由が些か気になるところです。

Supremo(シュプレモ)ドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

シュプレモドッグフードでは、粗挽き米やオーツ麦といった穀類や、草食系の家畜の飼料として使われるビートパルプが使用されています。
犬は肉を主食としているため、このような原料を多く使っていると食べない場合があります。

 

Supremo(シュプレモ)ドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:C

シュプレモドッグフードの原料はチキンやラムといった肉や、トマトやザクロといった野菜や果物が豊富に使われているので、一般的なドッグフードより高品質といえます。

しかし、犬のアレルギーが増えている現代において、穀類や卵、酸化防止剤といったアレルギーの原因になり得る原料が含まれているのは良くありません。

シュプレモドッグフードがグレインフリー(♯4)であればオススメしたいところですが、余計な原料が多く含まれているので、他のフードとローテーションをするのであれば、あげてもいいでしょう。

(♯4)グレインフリーとは
グレインフリーとは、小麦やトウモロコシといった穀類を一切使用していないフードのことです。
ドッグフードの先進国といわれているヨーロッパでは一般的に販売されています。

外部リンク:アマゾン販売ページへ

外部リンク:楽天販売ページへ

略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け