犬の膀胱炎

膀胱炎は文字通り膀胱に炎症が起こることで、人間では女性に多いと言いますが、ワンちゃんにも存在する病気で、やはりメスに多いです。これは、解剖学的に尿道がオスよりも短いので、糞便や皮膚についている細菌感染が尿道を上って行きやすいからと言われています。
細菌感染以外の原因は、結石が膀胱壁を傷つけることで起こる炎症や、腫瘍などによる炎症といったものが挙げられますが、中には感染などは起こしていない”無菌性”の膀胱炎を起こす場合もあります。
膀胱炎の症状は、トイレに何度も行く(あちこちにすることもある)、出そうとしても少量しか出ない、或いは血尿、尿が濃い、臭い、排尿時には痛みがある(かがんで痛そうにする)、などです。外で何回かに分けて排尿をするワンちゃんは、飼い主さんにとって判断が難しく発見が遅れる場合もあり、重度の膀胱炎になると痛みのために食欲不振や元気がなくなることも考えられます。
診断は尿検査やエコーによる膀胱検査で行います。治療は、細菌感染が原因の場合にはその細菌に効果のある抗生物質や出血がひどい場合には消炎剤を併用することもあります。また、それ以外の原因の場合には、原因と症状に適した治療法を選択します。膀胱炎は再発が多いので、治療後も常に定期検診を受けることをおすすめします。

犬の尿路結石

尿路結石の”尿路”とは、腎臓から尿管を通って膀胱、膀胱から尿道を通って外へ排泄される尿が通る道のことを示します。そのどこかに結石が出来てしまう病気で、猫ちゃんに多いのですが、ワンちゃんも割と多く見られます。結石が出来る場所は膀胱や尿道が大部分で、膀胱炎と異なり、若い1歳未満で発症するオスの例が圧倒的に多いです。
原因は、体質や遺伝もありますが、細菌感染による膀胱炎が原因であったり、フードの成分が結石の形成に大きく関与していることがわかっています。
症状は膀胱炎に非常によく似ており、頻尿で何度も排尿姿勢をとっても少量しか出なかったり、血尿、痛み、最悪の場合には尿道に結石が詰まって全く尿が出ないことも起こり得るので非常に怖い病気です。
結石は何種類かあり、特にストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)、シュウ酸カルシウム、尿酸、などが多く、犬種によっては特定の結石が出来やすいという場合もあります。
診断は膀胱炎と同様になりますが、注意しなければいけないのは、万が一全く尿が出ない状態になっていると、急性腎不全を起こして亡くなってしまうケースもあるということです。全く出ていないことを確認したら、一刻も早く”つまり”を解除するために、病院に駆け込んで下さい。
少量でも尿が出ていて、結石が詰まっていない場合には内科的に抗生物質などを使い、結石が出来にくい、或いは溶けやすい処方食を食べされることになります。自然排泄されることが期待できない大きさの結石の場合には、手術で摘出が必要になりますが、一部の結石(ストルバイト)は処方食で溶けるので、尿検査やエコーで経過を見て行くことになります。再発する場合があるので、処方食は獣医師の指示がない限り変更することはできません。

犬の膀胱炎と尿路結石の予防・管理

膀胱炎と尿路結石は二つの別の病気ではありますが、実は、先に述べたようにこれらは合併することが多いです。つまり、膀胱炎であるとそこから尿路結石が出来やすいことが考えられ、尿路結石があれば膀胱を傷つけたりして膀胱炎にもなる可能性があるのです。ですから、この病気はある意味で”セット”での怖い病気と考えるべきでしょう。
これらの病気の予防は、①お水をよく飲ませて尿を沢山作る、②トイレをなるべく我慢させないことで尿を何度も流し出して膀胱から尿道を綺麗にする、③食生活に関してはフードの内容に注意する、④肥満により糖尿病になると膀胱炎を起こしやすいと言われているため、体重管理と適度な運動を行う、などが挙げられます。冬場は特に飲水量が減少して、つい外に出るのが億劫で散歩を軽く済ませることが多くなりがちです。しかし、それが怖い結果にならないように注意しなければなりません。
万が一、どちらかの病気になってしまった場合は、飼い主さんのトイレ管理や食餌管理はとても重要になります。毎回トイレの回数や量をしっかりと目で確認してもらい、食餌に関しても獣医師の指示に従うことが何より安心です。また、定期的に尿検査を行うことで大手術になるリスクを避けることができますから、決して諦めないで下さい。

 

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

 

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中