犬の肛門には肛門腺とよばれる臭腺があり、ここから排泄される分泌液はとても強い臭いを放ちます。トリミングサロンではシャンプーをする前に肛門腺を絞ることがありますが、家では絞ったことがない…という人も多いのではないでしょうか。
この記事では、
肛門腺は絶対に絞らなくてはいけないものなのか。
どうやって絞るのか。
絞らないとどうなるのか。
など肛門腺について詳しく説明していきますので、興味のある方はご一読ください。

肛門腺とは?


肛門腺は肛門の左右にあり、肛門嚢と呼ばれる部分に分泌液が溜まります。見た目ではわかりにくいです。
通常排便時や、驚いた時や恐怖を感じた時などに分泌液を排泄します。イタチやスカンクが天敵から逃れるために悪臭を放つことがありますが、犬にもその役割が備わっているのですね。
他にも自分のなわばりを示したり、臭いで個体を識別する目的があります。犬同士が出会った時、互いのお尻を嗅ぎまわるのは相手の情報を確かめているからです。

肛門腺が引き起こす病気

肛門嚢が何らかの原因で閉塞してしまった時、細菌感染が発生し炎症が起こります。これを肛門嚢炎といい、炎症をそのまま放置していると状態が悪化し、膿瘍を引き起こすことがあります。
症状としてはしきりに肛門を気にしたり、肛門周辺をなめたり、床にお尻を擦り付けるような行動を取ります。他にも発熱や食欲不振といった症状が見られ、肛門の不快感から性格が荒々しくなることも。
年齢や性別関係なく起こりますが、慢性的な軟便や下痢を起こしている犬や、チワワやトイプードルなどの小型犬、肥満犬がなりやすい傾向にあります。
もともと肛門周辺は汚れやすい場所でもあるので、さまざまな病気を防ぐためにも、定期的に肛門腺を絞ってあげるのがベストです。

肛門腺の絞り方


肛門腺は肛門を時計に見立てた時、4時と8時の位置にあります。
尻尾を持ち上げて、肛門腺の下側から指で押さえ、押し上げるようにして絞ります。あまり力を入れすぎてしまうと犬が痛みを感じ、肛門を触られるのを嫌がってしまうこともありますので、力加減には気を付けてください。
分泌液が勢いよく飛び出すこともあるので、ガーゼやタオルなどで抑えながら絞っても良いでしょう。

慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、何度か行っていくうちにコツを掴めるようになると思います。
また、肛門腺の分泌液は臭いが強いため、絞った後はシャワーできれいに洗い流してください。シャンプーと同時に行うのがオススメです。
肛門腺を絞る頻度は月に1回を目途にしてください。しかし中には肛門腺が溜まりやすい子もいるので、犬の様子に変化がないかこまめにチェックしましょう。

肛門腺絞りの注意点

炎症を起こしている時は絞らない
肛門に炎症が起きていたり、肛門嚢がボール状に膨らんでいる状態で絞ると、肛門嚢が破れてしまい、出血を起こすことがあります。
肛門の周囲が赤く腫れているようであれば、すでに肛門嚢炎になっている可能性が高いので、肛門絞りは中止して動物病院で診てもらうようにしましょう。
事前に不要な毛をカット
また、分泌液が毛に付着してしまうと、洗ってもなかなか臭いが取れません。肛門周囲の毛が多い時は、あらかじめカットしておけば清潔に保てます。
着る服に注意
分泌液が服に飛ぶと汚れが落ちないため、汚れても良い服装で行いましょう。しかし手袋まではめてしまうと逆に肛門腺がわかりにくくなるので、コツを掴むまでは素手で行った方が良いと思います。

肛門腺が上手く絞れない時は


肛門腺絞りはコツが必要なので、初めから上手く出来た!という人の方が少ないです。肛門腺を絞ったつもりでも、片方の肛門腺だけしか絞れておらず、炎症を起こしてしまったケースがあります。
もし上手くできない時は、動物病院やペットサロンでやり方を教えてもらう方法があります。特にトリマーは毎日のように犬のシャンプーや肛門腺絞りを行っているので、上手に絞るコツを教えてくれるはずです。
また、家族や友人に手伝ってもらって2人で行うのも良いでしょう。
しかし犬が著しく嫌がる場合には、あまり無理をせずにペットサロンなどでプロの手を借りましょう。だいたい500円~1000円ほどで絞ってもらえます。

まとめ

肛門腺は目には見えない部分ですので、分泌液がきちんと排泄されているのかどうか、わかりにくいことが多いです。
そんな時は肛門腺が溜まっていないかどうかチェックしてみましょう。
肛門を気にしている
床にお尻を擦りつけている
自分に尻尾を追いかけ回している
犬の様子がいつもと違う(性格が変わった)

これらの項目が1つでも当てはまる場合は、肛門腺の異常を疑ってみてください。
肛門腺絞りは爪切りやブラッシングと同じく、犬のお手入れとして考えるのが一般的です。もちろんきちんと排泄されている場合には肛門腺を絞る必要はありませんが、年齢とともに変化していくのが犬の体調です。
常に異常がないか気にかけ、犬の健康を守っていきましょう。

筆者紹介

Pigeonmilk
小さい頃から動物を飼育し、現在も動物関係の仕事に携わっています。また学生時代に培った動物の飼育、看護、福祉などの知識を活かした記事を書いていきたいと思っています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け