犬を飼っているならば、キャリーと同じくらい必要と言われているのがサークル(ケージ)です。室内飼いをしていると、どうしても家の中に放しっぱなしにしてしまう飼い主さんが多いのですが、放し飼いは思わむ事故を招くこともありますし、犬が落ち着ける空間もありません。
サークル(ケージ)には、いくつか基本形のがあり、そのタイプを覚えてしまえば、あとは住環境に合わせて購入するだけです。ここでは、サークル(ケージ)の必要性は、人気のサークル(ケージ)などを紹介していきます。

サークル(ケージ)の必要性

犬を室内飼いしていると、つい家の中で放し飼いにしていしまう飼い主さんが多く、室内に犬のサークル(ケージ)などの必要性を感じないとよく聞きます。しかし、犬を室内で飼育する上で、サークル(ケージ)は必要不可欠なものであり、犬をお家にお迎えすると同時に準備した方が良いものでもあります。
それでは、なぜ犬のサークル(ケージ)が必要なのでしょうか。それは、犬の習性にあります。そもそも犬の先祖はオオカミであり、オオカミは巣穴などの狭く暗い空間で生活をしていました。その名残は、今でも引き継がれており、犬は狭い空間を好みます。つまり、サークルという空間は、犬にとって落ち着ける場所でもあるということです。
また、留守中に室内に犬を放しっぱなしにしてしまうと、思わぬ事故が起きることも少なくありません。実際に、クッションの綿を食べてしまったり、コンセントを噛みちぎてしまったりと、飼い主さんがいなくなることにより問題行動を起こしてしまうことが多いのです。こうした事故を未然に防ぐためにも、サークル(ケージ)は必要になるのです。

サークル(ケージ)の種類

サークル(ケージ)には、いくつか種類があるため、ご家庭の環境に合わせて設置すると良いでしょう。

■サークル
外の枠組みだけのものです。屋外に設置するサークルや、室内に設置できるサークルもあり、ある程度動ける空間があるものが多いのが特徴です。
■ケージ
ケージは、外の枠組みにプラスして底面があるものが多いのが特徴です。また、空間としては、トイレスペースと寝る場所のみの場合が多いため、サークルと比べると少し狭く感じることもあるかもしれません。

どのタイプのものでも構いませんが、犬が安心して眠れる場所は必ず確保してあげましょう。とくに、屋外飼育の場合は、サークルや屋根付きの小屋などは必要不可欠です。

 サークル(ケージ)おすすめランキングトップ3

ここでは、人気のサークル(ケージ)をいくつか紹介していきます。基本的に、サークル(ケージ)といったら、以下に挙げるタイプのものが多いので、このタイプから更に愛犬に合うサイズなどを選んでいくと良いでしょう。

1位:ペティオ トイレのしつけが出来るドッグルームサークル

ペティオのサークルは、スペースを仕切ることができるため、トイレと住居を分けることができます。そのため、犬を飼うことが初めての飼い主さんも、トイレトレーニングがしやすいのが特徴です。
■本体サイズ(幅×奥行き×高さ)124.0×62.5×70.0cm

外部リンク:アマゾン販売ページへ

2位:木製サークル フレックスⅡ

このサークルの最大のポイントは、サークルを色々な形に変えらえることです。そのため、住環境に合わせて組み立てることができる他、シーン別に変えることができるのもポイントです。
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)152×134×70.5cm

外部リンク:PEPPY販売ページへ

3位:8面サークルハウス(屋根・パネル付)

耐久性抜群のサークルハウスは、悪天候にも負けずサビやキズにも強いのが特徴です。また、大きな屋根がついているため、犬が安心して眠ることもできます。
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)182×182×136cm

関連:PEPPY販売ページへ

ryooooo.co
動物看護士として働く傍ら、人間と犬がもっと楽しくお互いが幸せに暮らせるように、医療に限らず犬の食・法律・暮らしについて日々勉強しています。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中