犬のフィラリア症(犬糸状虫症)は、犬フィラリアという線虫の仲間が寄生することで発症する病気です。蚊がワンちゃんを刺した時に、蚊の体の中に寄生しているフィラリアの幼虫がワンちゃんの体に入り込みます。幼虫は皮膚から筋肉を移動しながら、そして成長しながら約半年をかけて成虫(大人の虫)になり、心臓の右側にある肺動脈や右心室に寄生します。その結果、ワンちゃんは心臓の機能が低下してしまい、肺、腎臓、肝臓にも影響が出てきます。

症状は、散歩に行きたがらない、特徴的な乾いた咳をする、被毛が粗くなる、痩せる、むくみ、腹水が溜まる、などがあります。慢性的に症状が経過する場合と、虫体が心臓の右心室と右心房の間にある弁(三尖弁)に絡まったことにより、大静脈症候群(Venae cavae syndrome ベナケバシンドローム、単にベナケバとも呼びます)を起こして急激に症状が重篤になる場合があります。ベナケバは、血色素尿と言って赤褐色の尿をして、呼吸困難やふらふらした状態になったり、突然亡くなったりします。変な色の尿を見た飼い主さんは”血尿が出て、元気がないです”と言って病院に連れて来ることが多いです。この状態になると、緊急で手術により虫を摘出しなければなりません。

犬のフィラリア症の治療

フィラリアに感染しているかどうかは、検査によってわかります。感染していることが明らかになると、慢性の場合は、ワンちゃんに負担なく成虫を殺すことはできませんから、それ以上増えないようにしてフィラリアの寿命を待つ、という治療法がとられます。
また、フィラリア感染により慢性的に出ている心臓などの症状は、心臓の負担を軽くする薬剤を使い、好酸球性肺炎と言ってフィラリア症でよく見られる肺炎の治療も同時に行います。そして、腹水が溜まってしまう場合には、定期的に病院で抜いてもらうことになります。
急性のベナケバシンドロームの場合には、首の太い血管(頸静脈)から器具を入れて直接フィラリア虫体を吊り出す手術を行います。しかし、全ての虫体を吊り出すことができるわけではありませんし、場合によっては手術中に亡くなってしまうこともあります。幸い手術に耐えられたとしても、必ず無事に帰宅できるという保証もないぐらい、弱ってしまっているワンちゃんには非常に厳しい手術です

犬のフィラリア症の予防

フィラリア予防薬を飲む、これ程簡単で確実な方法はありません。フィラリア予防薬には沢山の種類がありますが、もう一度、予防薬の意味を考えてみましょう。
フィラリア予防薬はフィラリアの幼虫(成虫ではありません)を駆虫することができます。つまり、毎月、もしかしたら蚊に刺されていて幼虫を体に入れられているかもしれない、ということを考慮して予防薬を飲む訳です。飲んだ時に幼虫は綺麗に駆除されることになります。これを毎月続けていると、また蚊に刺されて幼虫を入れられても、ワンちゃんの体の中では成虫が育つはずがありません。
アメリカの犬糸状虫学会(AHS, American Heartworm Society)のガイドラインでは、予防は通年を通して行うことを推奨しています。注射により1年有効のものもありますし、今は美味しいチュワブルなども出ているので、毎月一度のオヤツとして与えるのもよいでしょう。
また、予防薬を飲み始める際には、事前に必ずフィラリア検査をしなければなりません。万が一、フィラリア陽性(成虫がすでにいた)の場合には、メスは卵胎生と言って、子虫(ミクロフィラリア)を大量に産んでいる可能性があります。ミクロフィラリアはワンちゃんの血液の中でウヨウヨしていますから、予防薬の種類によってはミクロフィラリアにも効果があるので、大量のミクロフィラリアが一斉に血液中で死ぬことになります。当然、死んだミクロフィラリアが血管の中で詰まってショック状態を起こしかねません。ですから、勝手な判断での飲み始めは絶対にやってはいけないのです。

犬のフィラリア症の注意事項

フィラリア症にすでにかかっているワンちゃんの血を吸った蚊は、ミクロフィラリアも吸い込んで、蚊の体の中で幼虫は育ち、蚊が他のワンちゃんを刺す時にうつる、というサイクルが出来上がってしまいます。ですから、フィラリア症になっている時点で、他のワンちゃんにも迷惑をかけてしまうという事実をしっかりと認識して下さい。昔は予防薬が無かったので、何頭ものワンちゃんがそれで亡くなりました。現在は、ノーベル賞受賞したイベルメクチンなどの素晴らしい予防薬が簡単に病院で処方してもらえます。
生後6、7ヶ月でもすでにフィラリア陽性のワンちゃんがいるような流行地は、まだあります。そのような地域は、飼い主さんが獣医師と一丸となって撲滅をするための予防を続けて下さい。犬のフィラリアは稀に人間にも感染し、猫ちゃんにも感染することがありますから、ワンちゃんの飼い主さんの頑張りは非常に重要なのです。

 

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中