犬を飼い始めてから行うことの1つに、しつけがあります。
いろいろなしつけがある中で、「お手」や「おすわり」はしつけの初級と言えるでしょう。
一見単純な動作ではありますが、「お手」や「おすわり」にはきちんと目的があります。
そこで今回は「お手」と「おすわり」のしつけについて、ご説明します。
「お手」や「おすわり」を覚えさせたいと思っている方は、この記事に目を通してみてください。

お手とおすわりの目的


「お手」や「おすわり」といったしつけは、絶対的に教えなければならないものではありません。実際に飼い犬の中には「お手」や「おすわり」を教わらない子もいます。これらのしつけを覚えていないからといって、必ず何かしらの問題行動に繋がるわけでもないので、「トイレ」や「ハウス」といったしつけを優先する場合が多いです。
「トイレ」や「ハウス」が決まった場所で決まった行動を引き出すしつけなら、「お手」や「おすわり」は飼い主の指示に従わせるためのしつけと言えます。
飼い主の指示に従うかどうかは、しつけを上手く行っていくための重要なポイントになります。
つまり「お手」や「おすわり」がスムーズにできる犬は、飼い主と犬の間で信頼関係が築かれていることになり、他のしつけも覚えさせやすくなるのです。

お手とおすわりの教え方


犬にしつけを行う場合、こちらが望む行動を引き出してごほうびを与える「オペラント技法」で行うのが主流です。
「お手」や「おすわり」も同じようにごほうびを使って行えば、ストレスなく覚えさせることができますよ。

まずはアイコンタクトから

「お手」や「おすわり」を覚えさせる時、大切なのが犬とのアイコンタクトです。
犬の名前を呼びかけた時、飼い主の目を見させるようにします。これを行うことで、犬は飼い主に集中し、次の指示を待つことができます。
この状態から「お手」や「おすわり」を教えていきます。
アイコンタクトを取る方法は、名前を呼んだ時に飼い主の目を見たらおやつをあげてください。犬に「飼い主の目を見たらおいしいおやつがもらえた!」と覚えさせましょう。

おすわりの教え方

まずは「おすわり」の教え方です。
「おすわり」ができるようになると、犬に我慢を覚えさせることができます。
はじめにごほうびで与えるおやつを何回か与えます。おやつに対して興味を持ちだしたらしつけを開始しましょう。

1. 犬と向かい合わせに立ち、おやつを見せます。犬の落ち着きがないようならリードを使って向き合いましょう。
2. おやつを持った手を徐々に上にあげていくと、犬がおやつを目で追っていくので、自然とお尻が下がっていきます。
3. 完全にお尻が床についたら、おやつを与えます。

ごほうびには主に犬が好むおやつを与えますが、時々頭を撫でたり褒め言葉をかけてください。おやつがないと「おすわり」をしなくなる場合があるからです。
何度か繰り返していくうちに、犬は「どうしたらおやつがもらえるのか」を学習していきます。
おやつでの誘導で「おすわり」ができるようになったら、今度は「おすわり」と声をかけながら行ってください。
すぐにできる子もいれば、時間がかかる子もいますので、気長に続けていくことが大切です。
おすわり参考動画

お手の教え方

「おすわり」ができるようになったら「お手」を教えます。
「お手」は一芸に思われがちですが、爪切り足裏のカットなどのお手入れもしやすくなるといったメリットがあります。教え方は難しくないので、ぜひ挑戦してみてください。

1. 犬の前足を持ち上げて、「お手」と声をかけます。そのままの状態をしばらくキープしてください。
2. 犬の足を下ろしてからおやつを与えたり、褒めたりします。
3. 1と2を何度か繰り返した後、今度は前足を持たずに「お手」と声をかけます。犬から前足を持ち上げてきたら成功です。上手くいかない場合はまだ犬が理解していないので、再度1と2を繰り返してください。

お手の参考動画

しつけのポイント

・しつけは長時間行わない
あまり何時間も続けていると犬の集中力も持続しません。1日30分程度を毎日行うことで、効率よく覚えていきます。

・失敗しても叱らない
上手くできないからといって大声で怒鳴ったり、叩いたりするのは厳禁です。しつけは冷静に行うのがコツです。

・指示語は1つに統一する
例えば「おすわり」を覚えさせたい時に、「座って」「座れ」など言葉を変えてしまうと、犬が迷ってしまいます。指示を出す時の言葉は1つに統一するようにしましょう。

・成功で終わらせる
しつけを止める時は、成功してから終わらせるようにしましょう。ごほうびを与えられた状態で終われば、犬にとっても「しつけは楽しいこと
だと印象付けられます。

まとめ

「お手」と「おすわり」は比較的覚えさせやすいしつけです。
初めて犬にしつけをするという方でも、上記の方法で行えばさほど難しいと感じることなく、実践できるのではないでしょうか。
しかし覚えるスピードは犬によって個体差があるものです。
すぐにできないからといって落ち込まず、地道に続けていくことが大切です。
飼い犬との信頼関係を深めるためにも、まずは簡単なしつけからチャレンジしていきましょう。

色々な犬のお手動画

「お手」がへたくそすぎる犬

 

どうしても「お手」がしたくない犬

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け