寒い日に手足がすぐに冷たくなってしまったり、布団の中で自分の冷たい足先を温めようとしてもなかなか温まらない、そんな経験がある方も多いと思います。人間の冷え性はよくある話ではありますが、実は毛皮を着ているワンちゃん達にもそんなことがあるのです。寒い雪の中、靴を履かずに散歩から帰って来たら、体も肉球も冷えているでしょう。しかし、くつろいでいる時に肉球を触ってみて、ひんやりしていたらびっくりするかもしれません。しかし、よく見てみると実は寒くて震えていたりするかもしれません。寒いと人間同様に血液の循環が悪くなり、歯茎の色も白っぽくなることがあります。特に小型犬や高齢犬、幼犬、痩せているワンちゃん、暖かい国出身のワンちゃんは寒いのが苦手で、このような状態になりやすいと言われています。しかし、いわゆる寒さゆえの冷え性であるのか、実はそのような症状を出す病気が隠れていないのか、これは必ずチェックをしておく必要があります。

犬の肉球が冷たくなる病気

ワンちゃんの肉球が冷たい時、例えば体を触ってみると温かい、元気も食欲もある、普通にお散歩も行って来た、いつも通り変わらない、という状態であればほとんどの場合は冷え性である可能性が高いですが、中には次のようなこともあるので注意して下さい。

甲状腺機能低下症:高齢のワンちゃんに多い病気です。甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは体温を調節したり、心臓を活発に動かしたり、体全体の”元気のサイン”を調節してくれるホルモンで、甲状腺の機能が低下してしまうとこのホルモンが足りなくなります。その為、元気がなくなり、脱毛したり、低体温になることがあり、それが”肉球が冷たい”に繋がると考えられます。

心臓や血液の病気:足先まで血液がスムーズに流れていない場合には、明らかに肉球が冷たくなります。心臓に問題があってポンプ機能が低下している場合や、血液が固まって血流を悪くしてしまうような場合には、肉球の冷たさのみならず、舌や歯茎の色が紫になったり、ふらつき、呼吸困難などの症状も伴う可能性があります。この場合は特に緊急性が高いのですぐに病院に連れて行かなければなりません。

しもやけ:冷たい場所を歩いたことにより、冷え切ってしまって人間のしもやけと同じように血液の循環が悪くなり、炎症を起こします。触ると嫌がることがあります。また、耳や尾などもなりやすい部位です。

犬の冷え性が影響する病気

冷え性であることが原因で、元からあった病気や健康体にさえも何らかの影響が出て来ます。これらは人間に置き換えてみると想像ができると思いますが、いくつかの例を挙げてみます。

①心臓病:冷えたことで血管が収縮して血圧が上がり、心臓に余計に負担がかかる。
②腎臓病:腎血流量が減るため、症状が悪くなる可能性がある。
③膀胱炎、尿石症:寒い時は暑い時に比べて水を飲む量が減るため、これらの問題が出やすい。
④関節炎:血液の循環が悪くなり、筋肉が硬くなりやすいので痛みが増すことがある。
⑤感染症:寒さで免疫力が低下する為、感染症になりやすい。
⑥低体温:冷え切ってしまうことで低体温症になることがある。

上記以外に、特に注意しなければいけないのは、高齢犬は寒さも暑さも大変ストレスで、体調を悪くしやすいということです。これは、正に人間のお年寄りと同じで、冷え性対策が重要になります。

犬の冷えた肉球と冷え性対策

肉球が冷えたりするなどの冷え性には、何と言ってもまずは室温調節を行いましょう。屋外で飼育されている飼い主さんは、冷え性の出やすい冬のシーズンには屋内に入れてあげ、室温は人間が少し肌寒く感じる20℃前後にして下さい。その際、毛布などを用意して自分で潜り込んだりして調節ができるようにしておきましょう。
また、普段から体を動かすことは人間同様、血液の循環を良くするので絶対に必要です。外に出る時には急に寒さの衝撃を受けることがないように、軽く家の中でウォームアップさせて出かけたり、洋服を着せるのも良いでしょう。そして、散歩道は水たまりや氷、日陰で冷えていそうな場所を避け、帰宅したら肉球が冷えていないかチェックして、軽くマッサージをしてスキンシップをとることも必要です。
高齢犬は、無理に体を動かすことが難しければ、マッサージをしたり、軽く室内をできる範囲で動くなどの工夫をして乗り切って下さい。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け