太ったワンちゃんは可愛いけれど、果たして健康に良いのか悪いのか?と聞かれると、答えはもちろん”悪い”です。
ダイエットとか減量という言葉を聞いてドキっとする方が多いと思います。おそらく女性の場合は今までに一度はチャレンジをしたことがあるのではないでしょうか?目的は殆どが美と健康の追求だと思います。あの洋服を着たいから頑張っている、お医者さんに言われて痩せなければならなくなったから必死だ、という方もいらっしゃるでしょう。でもワンちゃんは体に合った洋服のサイズがあれば良いだけで、素敵な洋服を着たいという話ではありません。ワンちゃんが痩せなければいけない理由は、正に”健康のため”なのです。健康でいる為には、適度な運動と良質のご飯で理想体重をしっかり維持しなければなりません。人間と同様に太っていることは何一つとして良いことがありません。
例えば、以下のような問題が考えられます。

・糖尿病:インスリン依存型糖尿病などの原因になると言われています。
・関節炎:体重が重いことで足などに負担がかかります。
・椎間板ヘルニア:腰にも負担がかかります。
・心臓への負担(血圧上昇):太っていると体全体に血液を渡らせる為に血圧が上がります。
・呼吸困難:太って首回りなどに脂肪がついたりして呼吸しづらくなります。
・肝臓への負担:肝臓に脂肪が溜まります。
・運動不足の助長:運動しないから太る、太ると動きづらいから運動をしたがらない、という悪循環が続きます。
・麻酔:万が一手術が必要な時には、麻酔がかかりにくくなります。

これだけでも沢山ありますが、まだまだ健康被害は他にも考えられます。

犬のダイエット方法

ダイエットという言葉は食餌とか食事療法のことを意味します。ですから、太らせるダイエットもあるわけですが、ここでは健康だけれどぽっちゃり傾向があるワンちゃんに対する減量について詳しく検討してみたいと思います。
ワンちゃんのダイエットが簡単であるかどうかという質問に答えるとしたら、答えはイエスです。実は、人間よりもずっと簡単にできるのです。でも、ワンちゃんは飼い主さんがフード管理やおやつ管理をしっかりしていれば、自分から出かけて買い喰いするわけがありません。つまり、ワンちゃんのダイエットは全て飼い主さん次第なのです。飼い主さんが決められた量以外与えなければ、そしてワンちゃんが適度な運動をしていれば、絶対に太りません。
以下に、誰にでもできるダイエットの手順を紹介します。

①まず、理想体重を知ること。
人間も目標になる体重がなければ、ダイエットしにくいはずです。あと何キロ痩せよう、という目安が必要です。ワンちゃんの場合にはBody Condition Score (BCS ボディコンディションスコア)という1から5までで決めた数字に従って、現時点での肥満度を評価します。腰のくびれが適度にわかる3が理想であり、くびれが全くなくなった肥満を5とします。

BCS1 やせすぎ(肋骨が浮き出ており、脂肪も筋肉も薄い)
BCS2 やせ気味(肋骨がわかり、脂肪や筋肉はややついている)
BCS 3 理想体型(肋骨は触ればわかり、腰のくびれがわかる)
BCS 4 太り気味(肋骨は触ってもあまりわからず、腰のくびれもわかりづらい)
BCS 5 肥満(肋骨は分からず、腰のくびれもない)

これを参考にして、例えばBCS 4なら理想体重の約20%、BCS 5 なら理想体重の40%ほど太っていると判断してください。そこから計算して理想体重を割り出して目標体重に設定します。

②1日のフード量を確認すること。

飼い主さんにフード量を質問すると、明確な答えが得られないことがあります。フードの袋や缶詰の後ろに書いてある理想体重に見合ったフード量をあげて下さい。現在の体重を見ても意味はありません。
また、健康体であり、治療のための特別な処方食を食べていない場合は、減量専用フードを使うことも考慮して下さい。

③体重を頻繁に測定すること。

人間ならば減量中は毎日測定して一喜一憂だと思いますが、ワンちゃんの場合も同じです。

④1週間に週の最初の体重の1〜2%程度マイナスの痩せるスピードを守ること。

急激なダイエットはワンちゃんにも危険です。特に、ワンちゃんは6キロ、人間は体重60キロ、と考えた場合は、ワンちゃんの1キロ減量が人間の10キロ減量という数字になることを忘れないで下さい。

⑤理想に到達したら、最低でも月に一度は体重測定をすること。

痩せたら維持することが大事です。維持のためには監視が必要ですから、常に体重測定を心がけて下さい。

犬のダイエットの注意事項

減量するダイエットは、あくまでも健康なワンちゃんに対して行うことができます。例えば、太り気味だったとしても実は太る病気もありますから、必ず健康であることを確認して行って下さい。また、飼い主さんの判断で食べていた処方食(例えば尿石症用のフード)を減量フードにしたりすることは絶対にやめて下さい。少しでも体調に問題があるワンちゃんは、必ず獣医師の指示に従って減量を実践しましょう。

関連外部リンク:アマゾンペット体重計販売ページ

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け