ワンちゃんの食物アレルギーを含めたアレルギー問題は非常に悩ましく、飼い主さんはワンちゃんが体を掻いていたり、皮膚が真っ赤になっていたりするのを見て、何とかかゆみを止めたいと病院に駆け込んでくることが多いです。

穀物アレルギーの原因はズバリ”穀物”です。穀物の仲間は、例えば白米、玄米、小麦、トウモロコシ、などがありますが、ドッグフードの成分の中に大抵入っている物です。しかし、これらのどれかにアレルギーがある場合、それを食べたことによって体の免疫反応が暴走し、普通ならば体に無害であるのに有害な物と判断され、体にとってマイナスの反応、すなわち皮膚のかゆみなどが出てしまいます。
ここ最近ではグレインフリー(穀物フリー)のドッグフードが非常に多く販売されています。これらのフードは、動物性のタンパク質と植物性のタンパク質の割合に注目して購入される方が多いのだと思いますが、穀物アレルギーのワンちゃんにはぴったりのフードだと言えます。多くのドッグフードに穀物が入っていることで、ワンちゃんはずっと長い間何かしらの形で同じ穀物を食べていた可能性があります。アレルギーはすぐに出る場合と、同じ物をずっと食べていて、随分後から出始める場合とありますから、穀物をずっと食べていた場合、後からアレルギーになるリスクは十分あると言えるのです。

犬の穀物アレルギーの症状と診断

穀物アレルギーになった時の症状は多くの食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などの場合と似ている点が多いです。

 かゆみ:局所的な場合と全身の場合があります。

発疹(ほっしん):ブツブツした湿疹のようなものがあちこちに出てくることがあります。

フケ:フケが出たりやドライスキンになることがあります。

皮膚の発赤(ほっせき):かゆみと同様に局所的、全身、とあります。また、多くの場合はかゆみの為に搔きむしり、脱毛したり、傷が出来てしまいます。

外耳炎:多くのアレルギーを持ったワンちゃんは常在菌である真菌(カビ)などが、非常に多く増えてしまって炎症を起こしています。

四肢末端の舐めこわし:ワンちゃんはかゆい部分をよく舐めます。特に四肢末端の毛の色が変色し、腫れ上がってしまうこともあります。

下痢・嘔吐:アレルギー原因物質(アレルゲン)が消化管に入ってくることで下痢や嘔吐をすることもあります。

 

もちろん、上記の主な症状から見た目で診断することはできず、一般的な皮膚検査や血液検査などの健康診断を行います。これらの検査で何も問題がない場合にはアレルギーを疑いますが、この段階では具体的な何に対してのアレルギーかはわかりません。アレルギー原因物質を探るためには、血液を採取して特別な検査センターに送り、数日待たなければなりません。また、検査費用がかなりかかることを考えて、アレルギー検査は行わずにグレインフリーのフードを先に食べさせてみて、状態が落ち着くかを検討するやり方もあります。

犬の穀物アレルギーの治療

症状に合わせて内服薬や外用薬、薬用ローションなどを使い、グレインフリーフード以外は絶対に食べさせないようにします。指定されたフード以外をうっかり食べてしまうと、確実に症状がぶり返します。よく飼い主さんがやってしまうのが、オヤツや人間のフードをこっそりとあげることです。ペットフード業界もアレルギー犬の多さに追いつく為に、沢山の種類のフードやオヤツを製造していますが、中にはまだまだ穀物を使っている物はたくさんあります。そして、人間のフードは絶対に与えてはいけませんが、よく聞く話に出てくるのは”パンの耳”などです。小麦にアレルギーがあるワンちゃんに、パンを与えてしまえばアレルギーは出ます。”おばあちゃんがあげちゃったの。”や”子供のお友達があげちゃって。”という話はよく診察室で耳にしますが、飼い主さんの苦笑いでは誤魔化せません。ワンちゃんが辛くなるので、十分に気をつけましょう。

おすすめのグレインフリードッグフードはこれ

犬の穀物アレルギーの予防

基本的にアレルギーは体質もありますが、食物に関して言えば同じ種類の物をずっと与えずに満遍なく与えることが必要です。また、若い間に皮膚がかゆいという症状を一度でも経験している場合には、今後アレルギーに発展する可能性もありますから、フードの成分を常に確認しながら管理して下さい。初めからグレインフリードッグフードを与えるのも大事な予防と言えます。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け