安心の英国産!!カナガンドッグフード
・イギリス産
・グレインフリー
・人工添加物不使用
・食べやすい小粒タイプ


イギリスから直輸入されているプレミアムドッグフード「カナガン」

実際に利用した人たちの口コミを見てみましょう。

1目でわかるこの記事の内容!

カナガンドッグフードの評判・口コミ

カナガンドッグフードの悪い口コミ

お値段が高いです

ジャックラッセルテリアに合うドッグフードを調べている時にカナガンドッグフードを知りました。ジャックラッセルは運動量が豊富で我が家の愛犬も元気いっぱいなので、栄養バランスを考えて、カナガンドッグフードを与えてみることにしました。食いつきが良かったです。

でも、お値段のわりに特に愛犬の毛並みや体臭に変化はなく…半年間与えて違うドッグフードに変更しました。無添加なので安心して与えることができるドッグフードだと思いますが、お値段が高いです。

ジャックラッセルテリア・12歳・半年間 40点

良いドッグフードなのに残念です

以前利用していたサイエンスダイエットはあまり好みではなかったらしく食いつきが非常に悪かったのですが、カナガンドッグフードに替えてからは、自主的に食べる様になりました。以来一度も不調を訴えた事もなく毛艶も良くなった気がします。

ドッグフードとしてはとても気に入ってますが、一度コールセンターに電話したときに、あまりの対応の悪さにうんざりしてしまい、残念ですが利用を中止しました。良いドッグフードなのに残念です。

マルチーズ 2歳 1年 50点

不満点まとめ

カナガンドッグフードに対する不満をまとめますと、

① 値段が高い

② コールセンターの対応が悪い

と言う部分に集約されるようです。

カナガンドッグフードの良い評判

これからもカナガンドッグフードチキンを食べさせていきたいです

前与えていたドッグフードの食い付きが悪く、食い付きが良くなるドッグフードを食べさせて上げたいなと思って、カナガンドッグフードチキンを買ってみたんです。

口コミなどを参考にして食い付きが良くなったというのを聞いてこのメーカーにしたのですが、美味しいチキン味がして見事に全部今も食べてくれています。

カナガンドッグフードチキンは市販で販売しているようなドッグフードよりも大分値段が高いのですが、そのぶん食い付きが良くなったり毛並みに艶が出たりうんちの方も硬いのが出てくれていますので、これからもカナガンドッグフードチキンを食べさせていきたいです。

シーズー 6歳 4ヶ月 90点

私はこれからもカナガンドッグフードを、食べさせていこうと考えています

私がカナガンドッグフードを選んだのは、いくつかのドッグフードを食べさせてみて、1番愛犬が食べたドッグフードだったからです。

それから、グレインフリーでヘルシーなところ、粒も小さいのでうちの愛犬でも食べやすいところなども、カナガンドッグフードを選んだ理由として挙げられます。

愛犬が少しでも美味しく食べられて、ヘルシーな生活を送るために、私はこれからもカナガンドッグフードを、食べさせていこうと考えています。

トイプードル 2歳 3ヶ月 100点

カナガンのグレインフリードックフードは、続けやすい値段なのも魅力のひとつです。

カナガンのグレインフリードックフードにするまで違うドックフードを食べさせていたのですが、犬が病気になってしまい、健康のためにも良質のドックフードに変えることにしました。その時にネットで調べて1番うちの犬に合っているなと思ったのがカナガンのグレインフリードックフードでした。

カナガンのグレインフリードックフードは良質のチキンを使った動物性たんぱく質が豊富に含まれており、グルコサミンやコンドロイチンも配合されており、骨や関節にもいいのでおすすめのドックフードです。カナガンのグレインフリードックフードは、続けやすい値段なのも魅力のひとつです。

柴犬・5歳・約1年 90点

 

明らかに食べっぷりが違います

今まではホームセンターなどで売られている市販の安いドッグフードを購入していました。

3歳までは少し栄養価のある缶詰タイプのものを与えていましたが、ドッグフードに代えてからは、残すことが多いので、パンやご飯、ちくわ、卵といった人間が食べるものも与えていた時期もありました。

やはり色々与えていると食べない日や便がゆるい日など愛犬の体調にもよくないと思い、栄養バランスの取れたドッグフードだけにしようと思って、いろいろドッグフードを試しました。

今はカナガンのドッグフードにしています。
明らかに食べっぷりが違いますし、いつも完食して以前に比べ毛並みも良くなりましたので本当に変えてよかったです。

カナガンチキン シェルティー 5歳 2年 90点

 

これからもリピしたいドッグフードです

カナガンドッグフードチキンの1つ前のドッグフードの食い付きが良くなかったので、美味しそうな味のドッグフードに変えることにしたんです。レビューの数や口コミを参考にして、こちらのカナガンドッグフードチキンにしました。

高めな値段でしたが食い付きが良くなることに期待して与えてみたら、おかわりしたいほど食い付きがとても良くなり何だか以前よりも元気になったようで良かったです。また、愛犬のワンちゃんのうんちの状態も良いし、これからもリピしたいドッグフードです。

シーズー 6歳 5ヶ月 90点

カナガンドッグフードの原材料と成分分析

原材料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

原材料に関しては問題なしですね。

ドッグフードにおいて問題となる「4Dミート」はもちろんビートパルプ、〇〇ミール、酸化防止剤、各種人工添加物などを一切使用しておらず、品質管理の厳しい英国での生産であるという点も高評価です。

成分分析値

粗タンパク質 : 33.00%
脂質 : 17.00%
粗灰分 : 9.00%
粗繊維 : 3.50%
水分 : 8.50%
オメガ6脂肪酸 : 2.80%
オメガ3脂肪酸 : 0.90%
リン : 1.42%
マグネシウム : 0.10%
ナトリウム : 0.24%
カルシウム : 1.86%
カリウム : 0.58%
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

一般社団法人ペットフード協会(※1)によると、犬に必要な栄養素なたんぱく質の量は、全体の約25%とされ、また脂肪は全体の約15%が適量とされています。

上記の成分分析値を見て分かる通り、十分な栄養を確保できるドッグフードであることが分かります。

その他犬の寿命に関する成分として注目を集めているオメガ脂肪酸が含まれている点も好ましいと言えますね。

関連:ドッグフードに含まれると嬉しい♪多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸)について解説

(※1)一般社団法人ペットフード協会とは
一般社団法人ペットフード協会とは、AAFCO(※2)の基準を参考に、安全で品質の高いドッグフード作りの基準を設けている団体です。
日本のペット市場の90%以上が会員であり、ペットフード協会が指導する成分表示などに基づき、日本のドッグフードは販売されています。

(※2)AAFCO(アフコ)とは
AAFCOとは、ドッグフードの栄養基準を決めたり、フードの栄養素を消費者に分かりやすく伝えるための表示ラインを定めたりするアメリカの機関です。

カナガンドッグフードの良い点・悪い点

以下では、カナガンドッグフードの良い点・悪い点をご紹介します。

・良い点 1  食いつきが良い

カナガンドッグフードに使われている食材はすべてヒューマングレード(※3)なので、一般的なドッグフードに比べて新鮮で良質です。
嗅覚が優れている犬には良質な食材の匂いをかぎ分けることができるので、喜んで食べてくれます。

(※3)ヒューマングレードとは
ヒューマングレードとは、人間が食べられるレベルの食材が使われているフードのことです。
ドッグフードは人間の食品基準に比べるとかなり緩いため、こうしたフードは貴重です。

・良い点 2  毛並みに艶が出る

犬の健康は毛並みに出るといわれています。
なぜなら、犬は体力や免疫力が低下すると、被毛にまで栄養が行き届かなくなるからです。

カナガンドッグフードでは、栄養価が高いことで知られる海藻や、免疫力を保つマリーゴールドなどが使われています。

そのため、日々の食事から健康を的確にサポートすることができるのです。

・悪い点 市販で販売しているドッグフードよりも大分値段が高い

カナガンドッグフードは、1袋(2㎏)あたり3960円(税抜)と、一般的なドッグフードより高額のため、常用食として購入するのが難しい方もいらっしゃるでしょう。

しかし、アレルギーや病気予防だけでなく、食事を楽しむことにおいても、ドッグフードは数種類をローテーションしてあげるのがいいです。
そのため、1~2ヶ月に1回でも、食事に加えてあげるといいでしょう。

カナガンドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

一般的なドッグフードには、フレーバーとよばれる人工香料が使われています。
しかしカナガンドッグフードには使われていません。

子犬の頃から、フレーバーが添加されたドッグフードを食べ慣れてしまうと、カナガンドッグフードのような健康志向のドッグフードでは物足りなさを感じ、食べない犬がいます。

そのような犬には、今まで食べていたドッグフードをメインとし、カナガンドッグフードを少量混ぜ、味や匂いに慣らしてあげましょう。
犬は良質な食べ物を判断することができるので、次第にカナガンドッグフードを好んで食べるようになります。

カナガンドッグフードは果たしておすすめ? 総合評価は?

総合評価:A

カナガンドッグフードは、かなりおすすめです。
たんぱく質や脂質も十分に含有されており、オメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸といった老犬が主に必要とする骨や関節をサポートするための栄養素も含まれています。

但し、栄養素が多く含まれている分、カロリーが高いので、パッケージに表示されている給餌量を守ってあげないと、肥満になりやすいので注意しましょう。

管理人も実際買ってみた!!

悪い評判も少々見受けられますが、①欧州産である②無添加③ヒューマングレイドであるという部分を満たしているため購入いたしました。

実際に購入した感想としては

・袋にジッパーが付いてないのが不便だった

・消費期限が短い

・食いつきは良い

という3点でしたね。

消費期限が短いという点に関してはデメリットにも思えますが、添加物を使っていないことが原因であるため、逆に消費期限が長いドッグフードの方が危ないのでこの点は長所だと思っています。

ただ、地味ですけど袋にジッパーがないのは不便でしたね。あらかじめ移し替える用の容器が必要です。

うちのワンコは気に入らないと全然食べないので成分のみならず食いつきも非常に良かったと言えます。

ちょっと高いという意見もありますが、健康はお金で買えませんので、これからも個人的にはドッグフードにはこだわっていきたいと思います。

安心の英国産!!カナガンドッグフード
・イギリス産
・グレインフリー
・人工添加物不使用
・食べやすい小粒タイプ


 

 

モグワンVSカナガン どっちがおすすめ?

結論から言うと圧倒的にモグワンです。

製造工場は2商品共に実は同じで、レシピが違います。

これ2つのドッグフードは販売元が同じレティシアンなのですが、カナガンドッグフードをもとに改良を重ねて出来たのがモグワンになります。

モグワンはいわばカナガンドッグフードの上位互換と言える訳ですね。

モグワンについて詳しくは以下の記事をご参照いただければと思います。

関連:【半額キャンペーンも!】モグワンドッグフードの良い口コミと悪い評判!利用者の本音まとめ【総合的には果たしておすすめ?】

 

カナガンドッグフードウェットタイプについて

カナガンドッグフード(ウェットタイプ)は、品質の良い肉と野菜を使用した、グレインフリー(穀物不使用)にこだわったドッグフードです。
高い栄養価なので主食として与えられますが、同じカナガンシリーズのドライフードにトッピングとして与えると、グルメなワンちゃんも喜んで食べてくれます。

カナガンドッグフード(ウェットタイプ)の成分分析

まずは以下の原材料と成分表をご覧下さい。

・原材料
チキン生肉(66%以上)、サツマイモ(4%以上)、ニンジン、豆、ミネラル、サーモンオイル、アルファルファ、海藻、グルコサミン、コンドロイチン、ユッカエキス、クランベリーエキス、マンナンオリゴ糖、リンゴ、ホウレンソウ、ガーリック、ペパーミント、パセリ、クミン
・成分表
粗たんぱく質 10.0%、脂質 7.0%、粗繊維 0.5%、粗灰分 2.5%、水分 75.0%、エネルギー 約112kcal/100g

以上は、『カナガンドッグフード チキン ウェットタイプ』を参考にしています。

カナガンドッグフード(ウェットタイプ)には栄養素の添加が一切せず、食材が持つ栄養を活かして作っています。
また、主原料のチキン生肉はフード全体の約66%も使用しているため、食欲を刺激しつつ、犬が必要としている動物性タンパク質を十分に摂取することができます。

また、酸化防止剤や防腐剤といった人工添加物の代わりに、ユッカエキスやクランベリーエキスなど天然の食材を使ってフードの劣化を防いでいるので、犬の体への負担を抑えることができています。

ただ、タンパク質や脂質などが少なく感じます。
ウェットフードなので、水分量が多いことは当たり前なのですが、犬は脂質の摂取量が減ると怒りっぽくなるといわれているので、主食として与えるなら、脂質が7%というのは少ないです。

カナガンドッグフード(ウェットタイプ)の良い点悪い点

以下では、原材料や栄養価、販売方法などを考慮した上で、カナガンドッグフード(ウェットタイプ)の良い点と悪い点をご紹介します。

・良い点  上質な食材と安全な工場
ここまで、カナガンドッグフード(ウェットタイプ)に使っている食材の品質や栄養バランスについてご紹介しましたが、こだわりはそれだけでなく、安全性にも重きをおいており、徹底した品質管理が行なわれているイギリスの工場で製造をしているので、ワンランク上の美味しさと安心をワンちゃんに与えることができます。
・悪い点  高価
カナガンドッグフード(ウェットタイプ)は、3缶セット(1缶あたり395g)3,960円(税別)にて販売されています。
この容量(3缶分)は、体重5kgの子の場合、6日間で食べきれます。

同じ体重の子にカナガンドッグフードのドライタイプを与えた場合、1袋(2kg/3,960円(税別))を16~26日間で完食することとなるので、1ヶ月に掛かるドッグフード代は約10,000円の差が出ます。
ただ、ドライタイプよりウェットタイプの方が食いつきが良く、喜んで食べてくれる子も多いので、一概に悪いとは言い切れません。

カナガンドッグフード(ウェットタイプ)を食べない子がいるのはどうして?

普段からドライフードを食べ慣れている子は、カナガンドッグフード(ウェットタイプ)に限らず、ウェットフードを食べないことがあります。
この場合、子犬であれば高い順応により少しずつ与えると食べるようになりますが、成犬は食べ慣れない物は食べようとしない子が大半なので、無理に与えないことをオススメします。
ウェットフードは嗜好性を重視しているフードが多く、癖になるとドライフードを食べなくなることもあるので、飼い主さんの給餌の負担を考えると、ウェットフードの味は覚えさせない方が無難だと私は思います。

カナガンドッグフード(ウェットタイプ)は果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価  B

カナガンドッグフード(ウェットタイプ)は、グレインフリーでヒューマングレード、そして人工添加物やミートミールも一切使用していない優れたドッグフードです。

ただ、タンパク質と脂質の低さと価格設定で評価を下げさせて頂きました。

成分表のパーセンテージは、ドッグフード全体の栄養を100として計算した場合の数値であり、原材料全体の66%以上がチキン生肉で出来ていることを考慮すれば、そこまで低い数値ではありませんが、評価をAとするには物足りなさを感じてしまうところです。

また、価格においては、同社が販売しているドライタイプが同じく高クオリティであるにも関わらず、ウェットタイプよりお財布に優しいこともあり、評価を下げました。

カナガンドッグフード(ウェットタイプ)はドッグフードとしては良質ですが、継続して与えることを考えると、若干、物足りなさを感じてしまいます。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク