「涙やけ」という言葉を知っていますか?
これは涙が大量に流れることで、目元が茶色、または黒く変色してしまうことをいいます。
流涙症(りゅうるいしょう)という病気が原因です。
流涙症はトイプードルなどの小型犬に多くみられます。
どういった原因で涙が出すぎてしまうのか。
どう予防したらいいのかなど、気になることはたくさんありますよね。
今回は流涙症についてまとめましたので、悩んでいる方はこの記事を参考にしてください。

流涙症の原因

主な原因は目や鼻の異常にあります。
流涙症を引き起こす病気について、以下にまとめました。

角膜炎、角膜潰瘍

細菌やウイルス感染、物理的な外傷が原因で、眼球の角膜が炎症を起こしてしまう病気です。この病気の症状として流涙があげられます。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)
瞼が内側に反転した状態で、角膜に瞼やまつ毛が当たることによって起こりますが、ほとんどが遺伝性といわれています。
眼瞼内反症になると、角膜炎や角膜潰瘍に悪化してしまうことがあるので要注意です。
また、瞼が外側に反転してしまう眼瞼外反症があります。

結膜炎

瞼と眼球をつなぐ結膜に炎症が生じる病気です。
涙や充血、目やになどが見られます。
ほこりや細菌などの微生物が原因になりますが、片目だけにみられる場合は物理的刺激によるもの、両目にみられる場合は感染症と考えられます。
またアレルギーによる結膜炎もありますので、決まった時期に涙が出るといった場合にはアレルギーを疑ってみてください。

睫毛乱生症(しょうもうらんせいしょう)、睫毛重生症(しょうもうじゅうせいしょう)

睫毛が異常に発生して、角膜を刺激してしまう状態のことをいいます。
その結果、流涙過多や痛みを引き起こし、酷くなると角膜炎や角膜潰瘍の要因になる恐れもあります。

鼻涙管(びるいかん)狭窄、鼻涙管閉塞

本来涙が流れるはずの鼻涙管が狭くなったり、詰まったりすることで、涙が全部目から流れ出てしまうことを言います。
鼻涙管の異常が見られた場合、動物病院で洗浄をして詰まりを取るなどの処置をします。

涙やけのケア

涙やけをそのまま放っておくと、目の周りがずっと湿った状態になるため、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。それが原因で皮膚炎になってしまう可能性もあります。
そのため目の周りは柔らかいガーゼなどで拭き取り、なるべく清潔な状態を保つようにしてください。
薬局でも売られているホウ酸水は、水で薄めて使うことで目の周りを洗浄することができます。

【第3類医薬品】ホウ酸結晶P 500g

画像出典:https://www.amazon.co.jp/

ただし、ホウ酸は使い方を誤ると健康に害を及ぼす一面もありますので、使い方を良く読んでから適正な量を使用するようにしてください。
変色してしまった毛を元の色に戻すことは困難ですので、気になる場合はハサミでカットするのも良いと思います。
また、毛先が目に当たって涙を引き起こすケースもありますので、短く切りそろえておけば刺激も少なくて済むでしょう。

涙やけを予防するためには

涙やけをなくすためには、涙が多く出る原因を取り除く以外にありません。
流涎症にはいくつかの原因がありますので、毎日観察して犬の変化をすぐ察知できるようにしておきましょう。

まとめ

涙やけは涙の流れた跡がくっきり残ってしまうことで、どことなく汚れたように見えてしまいます。
かわいい愛犬ですから、常にキレイな状態を保っておきたいですよね。
涙やけを起こしてしまう前に、いつもより涙が多く出ていないか、目の開き方が悪くないか、など細かくチェックしておけば、早い段階から状態を改善することができます。
しばらくは様子を見ていよう。と、あえて時間をおかずに、何か変だな?と感じたら動物病院に相談してみてください。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中