店頭などで見かけることも多い「スタイルズ」のドッグフード

今回はトイプードル用のドッグフードについての口コミを見てみましょう。

スタイルズ トイプードル用ドッグフードの口コミ

チキンや豆類といった栄養素が詰まったドッグフードになっていて、ワンチャンも残さず食べてくれていました。小分けに分けられているタイプなので、毎食の配分も行いやすいですし、半生形状なので食べやすさも重視されているのが良いなと思いました。また小粒タイプなのでワンちゃんがむせ返るといった事も起きなくなりました。その他のドッグフードと混ぜて食感を変えてあげるのも良いかもしれません。排便も今のところ順調に出せています。

スタイルズ トイプードル用 1.2kg トイプードル 4歳 利用期間:3ヵ月 100点

スタイルズ トイプードル用ドッグフードの特徴

スタイルズは、業界初の犬種別ソフトタイプフードの製造に成功しました。
対応している犬種は、日本で人気の小型犬であるトイプードル、ミニチュアダックスフンド、チワワ、ヨークシャーテリアの4犬種に絞られています。

また、近年の犬の高齢化に伴い、高齢犬用のフードは6歳以上用と10歳以上用の2世代に分けられています。

スタイルズ トイプードル用ドッグフードの成分分析

まずは、以下の原材料と成分表をご覧ください。

原材料
肉類(チキン等)、糖類、豆類、でん粉類、穀類、油脂類、デキストリン、イソマルトオリゴ糖、果実類(ブルーベリー果汁等)、グルコサミン(カニ由来)、緑茶粉末、種実類(ごま等)、サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、C、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、ミネラル類(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸鉄、炭酸亜鉛、硫酸銅、炭酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(メチオニン)、増粘安定剤(グリセリン)、品質保持剤(プロピレングリコール)、保存料(ソルビン酸カリウム)、pH調整剤酸化防止剤(エリソルビン酸ナトリウム、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

 

以上は、「スタイルズ トイプードル用」を参考にしています。

スタイルズは主原料に肉類(チキン等)を使用しているので、犬がドッグフードから栄養素を吸収する際、スムーズに行うことができます。

また、グルコサミン(カニ由来)やサメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)を使用しているため、関節や骨の健康維持が期待できます。

さらに、酸化防止剤にはミックストコフェロールとローズマリー抽出物という天然由来の添加物が使用されているため、身体に負担をかけない配慮が成されています。

一方、少し気になる点もあるのでご紹介します。

・原材料が不明瞭
スタイルズでは、第一主原料である肉類(チキン等)から、糖類、豆類、でん粉類、穀類、油脂類と、第6原料まで、具体的な食材の名称が記載されていません。

このような表記をするメーカーの中には、4Dミート(♯)のような悪質な食材を使用したり、添加物を大量に使用したりしていることが多いので注意しましょう。

(♯)4Dミート
4Dミートとは、Dead(死んだ)、Dying(死にかけている)、Diseased(病気の)、Disabled(けがをした)の4つの英単語の頭文字を取ったアメリカの造語です。
このような肉をドッグフードの原料として使用されていることもあります。

・栄養素の添加が多い
スタイルズでは、ビタミン類やミネラル類、アミノ酸類といった栄養素が添加されています。

栄養素は、食材で補いきれなかった分を添加するので、栄養素の添加事態は悪いことではありません。
しかし、良質なペットフードの場合、食材から十分な栄養を残せるため、多くの栄養素が添加されることはありません。

スタイルズ トイプードル用ドッグフードの良い点悪い点

以下では、スタイルズ トイプードル用の良い点悪い点をご紹介します。

・良い点  健康をサポート
トイプードルは、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)という、まぶたが内側に入り込んだ状態になる病気にかかりやすいです。
こういった目の病気にならないよう、ごまに含まれるセサミンやビタミンEによって免疫力の維持をサポートしています。
・悪い点  糖類が多過ぎる
スタイルズ トイプードル用には、第2原料として糖類が使用されています。
糖類は食欲を増進するには良い成分ですが、これほど多く使用してしまうと、肥満や闘病病の原因になり兼ねません。
糖質はこれよりも抑えたものを選ぶことをオススメします。

 

スタイルズ トイプードル用ドッグフードを食べない子がいるのはどうして?

スタイルズには、でん粉類や穀類、油脂類といった、犬が消化不良を起こしやすい原料が使用されています。
そのため、一度は喜んで食べたものの、体質に合わず、食べなくなってしまう子もいるようです。
この場合、一旦、スタイルズの給餌をストップし、他のドッグフードに切り替えると食べてくれやすくなります。

また、もう一つ考えられることは、エリソルビン酸ナトリウムやソルビン酸カリウムといった強力な添加物が使用されていることです。
犬は匂いを嗅ぎ分ける能力に長けているため、添加物の匂いを察知し、食べないのかもしれません。
この場合も、他のドッグフードを与えると食べることが多いです。

 

スタイルズ トイプードル用ドッグフードは果たしておすすめ?総合評価は?

総合評価:

私はペットシッターとして働く前、スタイルズを愛犬に与えたことがあります。
喜んで食べてくれるので、繰り返し与えていました。
ところが、ソフトタイプなので歯に食べかすが残りやすいので歯磨きに時間がかかったり、上手に歯の手入れが出来ず歯肉炎を起したりしたことがあり、愛犬には辛い思いをさせてしまいました。

このことが全ての原因ではないのでしょうが、タイミングが重なったので、疑ってしまいました。

それ以来、私は愛犬にスタイルズを与えていません。

筆者btbj.fa略歴
2014年、ペット業に就く。
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合う中で、多くの飼い主さんの悩みがフードにあることを知り、わんちゃん・ねこちゃんの身体に負担をかけないペットフードを多くの飼い主さんに知ってもらうため奮闘中。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け