人間にあってワンちゃんにもある病気で、実はとても予防しやすい病気がこの歯周病かもしれません。飼い主さんの頑張り効果が一番出やすく、初めての診察でも飼い主さんに聞かずに歯磨きをしっかりやっていることがわかります。それぐらいに、歯磨きをしているワンちゃんの歯はきれいで、歯周病知らずなのです。

その歯周病とは一体何かと言いますと、歯周組織(歯を支えている歯茎や骨)に炎症が起きて壊されてしまい、重症になると歯が抜け落ちてしまう病気です。ワンちゃんは人間と異なり、唾液がアルカリ性である為、虫歯菌がはびこらずに歯そのものが壊されてしまう虫歯にはなりにくいのですが、およそ8割近い飼い犬の子達がこの病気に悩まされています。この病気の厄介なところは、初めは全く症状がなく徐々に静かに進行して行く為、その症状が出た時にはかなり状態が悪くなっているということです。

犬の歯周病の原因

よく”プラークコントロール”という言葉を聞くことがあると思いますが、ずばりこのプラーク(歯垢)が歯周病の原因です。プラークとは、食べ物のカスと口腔内の細菌の塊で、食後、6〜24時間で歯の表面に形成されて歯周組織に炎症が起こるわけです。しかし、プラークはとても柔らかい物質なので、この時点で歯磨きをすれば簡単に除去できます。これを放置しておくと、今度は唾液に含まれているカルシウムやリンなどのミネラルがプラーク内に沈着して、いよいよ歯磨きでは除去できない硬い歯石が出来上がるのです。

ワンちゃんの歯石形成は、人間よりずっと早く3〜5日と言われていますから、歯磨きをさぼっている場合ではありません。しかも、この歯石は表面が凸凹している為、さらにプラークを付着させやすくしてしまいます。また、唾液の量が少ないと自浄作用と言って、きれいにしてくれる作用が低い為、これもプラークを付着しやすくして、最終的には歯垢が形成されます。
歯石が形成された後は歯周組織の炎症が広がり、出血したり、歯茎が歯から剥がれてしまいポケット(溝)ができます。ここにまたプラークや細菌が侵入して、膿が出たり、細菌による毒素で骨が溶けたりするわけです。

犬の歯周病の症状

どんな飼い主さんも経験があると思いますが、ワンちゃんのお口のニオイ、臭かったりしませんか?歯肉炎で歯茎が真っ赤になっていたり、出血をしていたり、歯がグラグラになっていたり、などが思い浮かぶと思います。これらは皆、歯周病が原因であることが殆どです。そして、細菌が鼻や目にも影響を及ぼすことがあり、くしゃみや目やになども歯周病が原因であることが多いです。

関連:愛犬の口臭、大丈夫? 知っておくべき犬の口臭の原因とは

また、かなりの頻度で遭遇するものが根尖性歯周炎という病気で、歯周病が非常に重症な場合に起こることがあります。これは、細菌が歯の周りなどから侵入して歯の根っこで膿がたまり、目の下などに膿瘍(膿でできたこぶ)ができてしまう状態です。場合によっては、それが破裂して膿が排出されていることもあり、小型犬や中型犬に非常に多い病気です。
電話で”急に目の下が腫れているんです”というお話を聞くと、”歯周病はないですか?”と聞き返し、ワンちゃんを診る前に想像ができるぐらいポピュラーなのです。

犬の歯周病の診断と治療

歯周病の診断は、まずは口腔内チェックですが、レントゲンで歯の根っこや顎の骨の具合、腫瘍などを診ることも必要になります。
診断された後は、麻酔をかけて歯石除去と歯の動揺がある(グラグラしている)場合などは抜歯をします。そして、しばらくは抗生物質の服用が必要になります。
ワンちゃんは吸い込むように食べ物を食べる為、抜歯をしてもあまり不自由がありませんが、全部抜歯しなければならない場合もあるので、その際には柔らかいフードを与えることになります。
高齢で麻酔の危険がある場合には、抗生物質のみの対症療法となることもありますが、根本的な治療ではない為、非常に飼い主さんも悩まれると思います。

犬の歯周病の予防

最初にお話した通り、この病気はしっかりと歯磨きをすれば予防ができることは明らかです。歯磨きガムなどを使うのも一つの作戦ですが、飼い主さんも歯医者さんに行くと歯磨きについて指導されるように、丁寧に毎日磨くことが何よりも大事です。プラークができてしまうのが24時間以内とすれば、その間に1回でも磨いてあげることで、プラーク形成を中断することができます。歯石が3日できてしまうとすれば、1日1回磨けば歯石形成を中断できると考えることもできます。食後毎回が大変でも、1日1回、次の食餌までに一番長く時間が空くタイミングで磨けば十分です。しかし、歯周ポケットがすでにできている場合は、歯間ブラシなども使ってあげましょう。磨き方がわからない場合は、病院で指導してもらうことをおすすめします。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け