ヒートショックと聞いてすぐにどんなものか思い浮かびますか?

人間の高齢者がお風呂場で亡くなる原因の一つに挙げられるそうですが、ワンちゃんでも同じようなことがあり得るのです。これは、”急激な温度変化が体に及ぼす影響”と言われています。例えばとても寒い外から急に暖かい室内に移動した時にボワっと感じたり、逆に暖かい場所から急に寒い外に出るとキュッと感じる、その体の変化はヒートショックによるものです。人間同様にワンちゃんも、体の中では急な寒さや暑さに血圧が上がったり、下がったり、心臓も必死でそれに合わせることをしています。その結果、具合が悪くなって倒れてしまうことも考えられます。冬の寒い季節には、特に暖房が効いている中でぬくぬくした後にお散歩で外に出ると、人間でも北風の冷たさにハッとするように、ワンちゃんも人間よりも小さな体でその温度変化を受け止めているのです。

犬のヒートショック対策

健康なワンちゃんはもちろんのこと、人間の高齢者でもお分かりのように、特に高齢犬は体が弱くなっているためヒートショックには気を使います。また、心臓病を抱えたワンちゃんや体調があまり良くないワンちゃん達にも、何らかの対策を施さなければなりません。そこで、以下にいくつかの冬に向けてのヒートショック対策を挙げてみますので、是非、参考にしてみて下さい。

温度と湿度:最近は暖房設備が非常に性能が良い為、温度設定も楽になったと思います。目安として22度から25度程度に抑えておくとよいでしょう。また、湿度は50−60%ぐらいに設定しておきましょう。人間も湿度が40%以下になると乾燥を感じるようになり、インフルエンザも活発になると言いますから、飼い主さんにも快適です。
防寒具:いざお散歩に出る前に、予めコートなどを着せてあげることも一つの方法です。特に、ワンちゃんでも寒がりな子がいますから、そういう子には是非着せてあげましょう。嫌がることがあるかもしれませんが、急に長く着せるのではなく、家の中で少しずつ着せながら慣れさせてあげて下さい。
お散歩のタイミング:早朝はとても寒いですし、夜もとても寒くなって来ます。人間も辛いですが、毛皮を着ているワンちゃん達も実は辛いのです。暖かい時間を選んで出かけましょう。
散歩道:夏場は日陰を選んで歩きますが、冬場はほどほどに陽が当たっている場所を通ったり、氷が張っているような所は避けて歩きましょう。帰宅時に肉球のマッサージなどを行なって血液の循環を良くすることも予防効果があります。
室内での温度差:室内では廊下がとても寒いということがよくあります。また、フローリングが冷たくなっていることもあります。こういった場所にマットを敷くなどして温度差があまり感じられないようにする工夫も必要です。更に、よく見かけるのが暖房の前に座ってじっとしているワンちゃん達ですが、この子達は急に寒い廊下に出たりすると温度差を激しく感じることになります。少しずつ暖房から離してから廊下に出るようにしてみましょう。
シャンプー:自宅でシャンプーをする場合には体温と同じ程度のぬるま湯で、急激には行わずに少しずつゆっくりとお湯をかけていきましょう。人間も急な熱いお湯では耐えられないと思いますが、ワンちゃん達も徐々に様子を見ながらそっとマッサージなどをすると一層、血液の循環も良くなり予防になります。
ベッド:毛布やタオルを多めに用意することで十分暖かくなります。

注意ポイント

温度差をなくすようにと、暖かくなる方法を考えるばかりで実は暑すぎていることも考えられます。特に、時間によって室内では陽が当たって暖かくなる場所もあるので、冬場の日差しの入り方などを一度確認しておくことが必要です。また、どんな時も、新鮮なお水を用意してあげることと、温度差があって負担がかかるだろうからと、あまりよく散歩をしないという運動不足も困ります。体調が良いワンちゃんは、適度の運動させることで血液の循環も良くなり、体重増加を防ぐことができます。一方、体調があまり良くないワンちゃんは負担を減らす為の工夫と体重増加を防ぐ工夫(例えばフードを見直すなど)を必要とする可能性があります。この点は、かかりつけの病院で相談されることをおすすめします。

rihomeopath

筆者紹介 東京出身、獣医師、医学博士、人と動物のホメオパス、馬と牛の多いノルマンディーで、フランス人夫と田舎暮らしを始めたばかりです。

病気になる前にドッグフードをチェック!!

スポンサードリンク

いいねするだけ!フェイスブックで最新記事をお届け

無料メルマガ配信中